【最新】ベッドの人気ランキング!5つのポイントで熟睡できるアイテムを選ぼう

ベッドの人気ランキングが知りたい!睡眠負債がクローズアップされている現代では、質の良い睡眠を得るための工夫が欠 […]

ベッドの人気ランキングが知りたい!睡眠負債がクローズアップされている現代では、質の良い睡眠を得るための工夫が欠かせません。中でもベッドは、睡眠の質を左右する大切な寝具です。インテリアにこだわって選ぶだけでなく、自分の体に合うベッドを選べば、肩こりや頭痛、寝つきの悪さといった不調も改善でき、良質な睡眠が得られるようになります。このページを読めば、毎日の快適な暮らしを支える自分好みのベッドがきっと見つかりますよ。家具の中でも大きなベッド。買ってから後悔したくない人は必見です!

ベッドの人気ランキングを徹底調査!

1日のうち3分の1の時間を過ごすベッドは、納得のいく製品を選びたいもの。

しかし中には、「自分は忙しくて睡眠時間が短いから、ただ眠れるだけでいい」という人もいるかもしれませんね。

実際には、忙しい人こそ「質の良い睡眠を得るためのベッド選び」が大切です。睡眠は、ストレスを解放してリラックスするとともに、疲労を回復する大切な時間です。

また、「生活スタイルや体に合わないベッドを買ってしまって後で後悔」ということになっても、ベッドはそう簡単に捨てられるものではありませんよね?

そこで今回は、人気のベッドランキング特集と、ベッド選びのポイントについて紹介します。

  • 睡眠の質を左右するベッド選びはどんな人にとっても大事
  • ベッド選びはポイントを絞って効率よくリサーチしよう
  • 口コミ・コスパから見るベッドの人気ランキングを特集
  • 合わないベッドは肩こり、寝つきの悪さなど不調を招く原因になる

ベッド選びに大切な5つのポイント

ベッドを選ぶ時はどんなことを意識すればいいのでしょうか?

ここでは、ベッド選びに大切なポイントについて紹介します。急いでベッドを買いたい時でも、次の5つは必ず購入前にチェックしましょう。

  • ベッドのサイズ
  • マットレス一体型/マットレス別
  • スプリング(コイル)の種類
  • 高反発/低反発マットレス
  • 購入者の口コミ評価

1.ベッドのサイズ

まずはベッドのサイズをどれにするかです。一般的なベッドのサイズは以下のようになります。

シングル 幅100cm
セミダブル 幅120cm
ダブル 幅140cm
クイーン 幅160cm
キング 幅200cm

シングルは大人ひとりのサイズです。

セミダブルは大人ひとりがゆったりと使えるサイズです。

ダブルは大人ひとりでかなりゆったり、大人ふたりだとぴったりのサイズです。

クイーンは大人ふたりでゆったりと使えるサイズです。

そしてキングは大人ふたり+子どもひとりでちょうどのサイズです。

2.マットレス一体型/マットレス別

ベッドには、ベッドのフレーム(本体)とマットレスが一体になっているものと、別になっているものとがあります。それぞれのメリットとデメリットを知った上で、好みや用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

マットレス一体型のベッド

<メリット>

  • コンパクトで省スペースなものが多い
  • フレームとマットレスのズレが生じない
  • 組み立てが簡単

<デメリット>

  • マットレスの交換ができない
  • マットレスのみを使うことができない

マットレスが別のベッド

<メリット>

  • フレームとマットレスの組み合わせが自由にできる
  • マットレスの交換ができる
  • マットレスを色々な用途に使える(敷布団として使うなど)

<デメリット>

  • フレームとマットレスをそれぞれに購入する必要がある
  • フレームとマットレスがズレることがある
  • 組み立てが大変な製品もある

3.スプリング(コイル)の種類

一般的なマットレスはスプリングで体重を支えますが、スプリングにはボンネルコイルとポケットコイルの2種類があります。

それぞれの特徴を知り、好みに合わせて選びましょう。

ボンネルコイル

体重を支えるスプリングが横方向に連結しているタイプです。

体を「面」で支える形となり、適度な硬さがありますが、中央が沈みやすくなります。

通気性が良く、価格は安価なものが多くなります。

ポケットコイル

体重を支えるスプリングが連結せずに単体で機能するタイプです。

体を「点」で支える形となり、体圧を分散してくれるというメリットがあります。

ただし、ボンネルコイルよりも通気性が悪く、価格が高くなります。

4.高反発/低反発マットレス

マットレスは大きく分けると高反発マットレスと低反発マットレスとがあります。それぞれどんな人に適しているかを知って選びましょう。

高反発マットレス

高反発マットレスは反発力が高く、体が沈み込むのを防ぎます。

体圧を分散して寝返りをしやすくするため、腰痛や肩こりのある人には高反発マットレスがおすすめです。

低反発マットレス

低反発マットレスはやわらかさがあり、体が包み込まれるような寝心地を得られます。

腰痛や肩こりがなく、寝心地の良さで選びたい人におすすめです。

5.購入者の口コミ評価

ベッド選びは購入者の口コミも参考になります。

口コミは、腰痛や肩こりがある人の感想や、注文時や搬入時の対応、組み立ての難易度など、実際に購入した人でなければ分からないさまざまなことが分かります。参考意見としてチェックしておいて損はないといえるでしょう。

>>【厳選】おすすめベット!失敗しない選び方で最高の寝心地を手に入れる!

【寝心地◎】口コミ人気ランキング

お待たせしました!まずは「寝心地が◎!」と口コミで評判のベッド人気ランキングBest3を紹介します。

【1位】RISE

(公式サイトより引用)

【寝心地◎】の口コミ人気ランキング1位はRISE(ライズ)です。

RISEはマットレスを中心とした機能性寝具の専門店です。マットレスは厚みやサイズが豊富に揃っており、用途に合わせて選ぶことができます。

尚、ベッドのフレーム(本体)は取り扱いがありません。

販売会社:ライズTOKYO株式会社

<特徴>

  • 「動的睡眠」を実現する高反発マットレスを使用
  • 寝返りや睡眠中のちょっとした動きが楽にできる
  • 種類が豊富(厚さは2~12cm・硬さは5段階・通気性は3段階で表示)

<悪い口コミ>

クッションが固めで寝がえりも楽でした。カバーはイマイチだったのでシーツを掛けました。(購入商品:スリープオアシスエントリー マットレスパッド)

引用:楽天

「カバーが気に入らなかった」という声が少数ですがありました。スリープオアシスはカバーが丸洗いできる上、カバーの裏と表で異なる素材を使ったリバーシブル仕様です。そのため、季節や好みに応じてカバーの裏と表を使い分けるのも手ですね。

<良い口コミ>

毎日起床時に両足のしびれを感じていましたが、これで寝るようになって改善しました。体重が分散されているのがよくわかります。(購入商品:スリープマジック 極厚プレミアムマットレス)

引用:楽天

「寝返りがしやすい」「背中や腰などの痛みが改善した」という、寝心地に関して高評価の声が多く寄せられていました。

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 スリープマジック 敷布団兼用マットレス 厚さ8cm
価格 29,900円
ベッドのサイズ シングル 横100cm×縦200cm
製品情報 敷布団としても使うことができるマットレス。

多くの「点」で体を支え、体圧を分散し自然な寝返りをサポート。

<RISE製品の取り扱いについて>

取り扱いの有無
Amazon 一部取り扱いあり
楽天 一部取り扱いあり
ニトリ 取り扱いなし

RISE製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、全国の寝具店などでも取り扱っています。取り扱い店舗は公式サイトでチェックできます。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【2位】SALONE 1800(Armonia)

(公式サイトより引用)

Armoniaはベッドやソファなどのモダン家具ブランドで、2009年にはグッドデザイン賞を受賞しています。中でもSALONシリーズは高級家具用木材であるウォールナット材をふんだんに使い、北欧スタイルと日本文化を融合したロータイプのベッドです。

販売会社:モダンデコ株式会社

<特徴>

  • 和室にも洋室にも合うロータイプのベッド
  • ワイド幅は180cm!シングル~クイーンサイズのマットレスまで置ける
  • 和布団を敷いても使える使い勝手の良さが魅力
  • ベッドボードは2段階の高さに調整可能
  • 世界最高水準の木製フレームを使用し、環境にも配慮

<悪い口コミ>

商品は、間違いなく最高のものです。ただ、ホンモノな分、かなりの重さと組み立ては大変です。(購入商品:SALON1800)

引用:楽天

重たい製品のため、楽天のレビューでは多くの人が「搬入らくらくパック」という、家具の組み立てや梱包材の片づけをしてくれる有料サービスを利用していました。組み立てに自信のない人には安心のサービスですね。

<良い口コミ>

腰痛持ちの為、ベッドと一緒に高反発のピローマットレスを購入。寝心地、最高です!腰痛も、少し和らいだ気がします。(購入商品:SALON1800)

引用:楽天

高級感のある美しい見た目と、寝心地の良さが高く評価さていました。ネットのみを見て決めた人、ショールームへ何度も足を運んで決めた人など、購入方法はさまざまです。お住まいの近くにショールームがあるなら、一見の価値はあるでしょう。

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 ベッド本体:SALON1800、付属マットレス: ピロートップ低反発
価格 149,980円
ベッドのサイズ キングサイズ:横180cm×縦210cm
製品情報 ベッド本体のみの購入(89,990円)も可能。

ベッド本体の重量は約76kgと重ため。

<製品の取り扱いについて>

取り扱いの有無
Amazon 一部取り扱いあり
楽天 取り扱いあり
ニトリ 取り扱いなし

Armonia製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、Armoniaショールームなどでも取り扱っています。ショールームは東京・大阪・広島などにあり、公式サイトで住所等をチェックできます。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【3位】人をダメにするベッド(LOWYA)

(公式サイトより引用)

LOWYAは家具・インテリアの総合通販サイトです。「あったらいいな」を形にする家具づくりのパイオニアでもあり、そのひとつが「人をダメにする」シリーズです。

ソファやチェアなどがあり、中でも大人気なのがこちらの「人をダメにするベッド」です。

販売会社:株式会社ベガコーポレーション

<特徴>

  • 1か所ですべてのことができる多機能ステーションベッド
  • コンセントつきデスク、上棚、宮棚、ハンガーラックつき
  • 耐荷重100kg!安心の強度設計
  • 子ども用ベッドとしてもおすすめのやさしいデザイン

<悪い口コミ>

ハンガーラックは案外低いので、過度の期待は禁物です。その他は、想像通りで概ね満足です。(購入商品:人をダメにするベッド)

引用:公式サイト

床からハンガーラックまでの高さは150cmで、成人女性の平均身長よりも少し低いくらいです。しかし、「組み立ててみると意外と大きい」という声もあります。公式サイトには細かな部分のサイズまで記載されているのでチェックしてみましょう。

<良い口コミ>

使ってみると誠に快適です。楽です。欲しいものや大事なものを身の回りに置けるのでうっかりどこに置いたか忘れなくて助かります。(購入商品:人をダメにするベッド)

引用:公式サイト

1人暮らしの大人用、または子ども用として購入する人が多いようです。「便利なので本当に人をダメにする(笑)」という声が多数ありました。

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 人をダメにするベッド収納・デスク一体型ベッドフレーム
価格 29,990円
ベッドのサイズ ベッド部分:シングルサイズ横100cm×縦200cm
製品情報 手の届く範囲ですべて済ませたい人、空間を有効活用したい人におすすめ!

マットレスはついていない。

<製品の取り扱いについて>

取り扱いの有無
Amazon 取り扱いあり
楽天 取り扱いあり
ニトリ 取り扱いなし

LOWYA製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、東京・恵比寿にあるLOWYA東京ショールームなどでも取り扱っています。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【コスパ抜群】価格重視ランキング

続いては、「品質の良いベッドを価格重視で選びたい!」という人におすすめの、価格重視ランキングBest3の紹介です。

【1位】RISE

(公式サイトより引用)

価格重視ランキング1位は、口コミ人気ランキングでも1位だったRISE(ライズ)です。

RISEはマットレスを中心とした機能性寝具の専門店です。マットレスは厚みやサイズが豊富に揃っており、用途に合わせて選ぶことができます。

尚、ベッドのフレーム(本体)は取り扱いがありません。

販売会社:ライズTOKYO株式会社

<特徴>

  • 「動的睡眠」を実現する高反発マットレスを使用
  • 寝返りや睡眠中のちょっとした動きが楽にできる
  • 種類が豊富(厚さは2~12cm・硬さは5段階・通気性は3段階で表示)

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【2位】脚付きマットレス ベッド

(公式サイトより引用)

その名の通り、マットレスに脚がついたシンプルでコンパクトなベッドです。

販売会社:株式会社ベガコーポレーション

<特徴>

  • 高弾力でしっかりとした寝心地
  • 省スペース&寝ない時はソファ代わりにも使える
  • 2分割ベッドのようにズレることがない
  • 脚をつけるだけの簡単組み立て

<悪い口コミ>

ふかふかで気持ちいいですよ~とまではいきませんが、硬すぎず、柔らかすぎず眠りやすいマットレスだと思います。(購入商品:脚付きマットレスベッド ボンネルコイル仕様)

引用:公式サイト

しっかりとした寝心地を支えるボンネルコイルのスプリングマットレスを採用しているため、沈み込み過ぎず、弾力があるのが特徴です。

<良い口コミ>

9,800円ということで過度な期待はしていなかったのですが、値段以上の使い心地で購入してよかったと思える商品です。(購入商品:脚付きマットレスベッド ボンネルコイル仕様)

引用:公式サイト

コスパ、寝心地、デザイン、組み立てやすさ、どれをとっても高く評価されている人気のベッドです。

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 脚付きマットレスベッド ボンネルコイル仕様 シングルサイズ
価格 10,990円
ベッドのサイズ シングル:97×195cm
製品情報 頑丈な天然木脚は幅広の6cm、長さは15cm。

<製品の取り扱いについて>

取り扱いの有無
Amazon 取り扱いあり
楽天 取り扱いあり
ニトリ 取り扱いなし

LOWYA製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、東京・恵比寿にあるLOWYA東京ショールームなどでも取り扱っています。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【3位】アイリスオーヤマ 折りたたみベッド

(公式サイトより引用)

価格重視ランキング3位は、アイリスオーヤマの「折りたたみベッド」です。

販売会社:株式会社 アイリスプラザ

<特徴>

  • 寝心地で選べる豊富なタイプ
  • 生活スタイルに合わせて形を変えられる!
  • 折りたためる&キャスターつきで収納や持ち運びも便利

<悪い口コミ>

かなり重いので、移動したり、二階に運びこむには一人では動かせません。(購入商品:折りたたみベッド OTB-KR)

引用:公式サイト

キャスターつきで移動が便利な製品ですが、この女性の購入商品は約26.7kgあり、女性がひとりで2階へ運ぶのは少し大変なようです。

<良い口コミ>

一人暮らしをする息子のために購入しました。寝心地も大変よく満足しています。(購入商品:折りたたみベッド OTB-KR)

引用:公式サイト

来客用や一人暮らしの学生用、単身赴任用など、使い道はさまざまです。「組み立てが簡単」「移動しやすくて便利」と高評価でした。また、高反発タイプの寝心地の良さも人気です。

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 折りたたみベッド OTB-KR(14段階リクライニング・高反発ウレタン)
価格 15,800円
ベッドのサイズ マットレスサイズ:横90cm×縦198.5cm
製品情報 厚さ約10cmの高反発マットレスで全身を支え、寝返りもサポート。

14段階のリクライニング機能つき。

<製品の取り扱いについて>

取り扱いの有無
Amazon 取り扱いあり
楽天 取り扱いあり
ニトリ 取り扱いなし

アイリスオーヤマ製品は、Amazon、楽天の他、公式サイトなどでも取り扱っています。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【信頼性◎】おすすめ販売店ランキング

ベッドを購入する時は販売店の信頼性も重視したいですよね?ここでは、信頼性の高いおすすめ販売店ランキングBest3を紹介します。

【1位】ライズTOKYO株式会社

おすすめ販売店ランキング1位は「口コミランキング」と「価格重視ランキング」の双方で堂々の1位を獲得したRISEの販売会社「ライズTOKYO株式会社」です。

<RISEの特徴>

  • マットレスを中心とした機能性寝具の専門店
  • 「動的睡眠」を実現する高反発マットレスを使用
  • 寝返りや睡眠中の動きが楽にできると評判!
  • マットレスの種類が豊富に揃い、選びやすい

RISE製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、全国の寝具店などでも取り扱っています。

「実際にRISE製品を手に取ってみたい」という人は、全国に取り扱い店舗があるので、公式サイトでチェックしてみましょう。

尚、ベッドのフレーム(本体)については取り扱いがありません。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【2位】モダンデコ株式会社

2位は、「口コミランキング」で2位を獲得したSALON1800(Armonia)を販売している「モダンデコ株式会社」です。

Armoniaは同社のオリジナル家具ブランドです。

<Armoniaの特徴>

  • 2009年にグッドデザイン賞を受賞
  • 美しく上質な家具が揃い、数々のドラマでも使用
  • 開梱設置サービス「搬入楽々パック」を実施(有料)
  • 安心の3年間保証
  • 無料生地サンプルがあり、実際の生地を確認できる

Armonia製品は、Amazon、楽天の他、公式サイト、Armoniaショールームなどでも取り扱っています。ショールームは東京・大阪・広島などにあり、公式サイトで住所等をチェックすることができます。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【3位】株式会社イーナ

3位は、インテリアショップ・イーナを運営する「株式会社イーナ」です。

<イーナの特徴>

  • 製品を倉庫から直送することで激安価格を実現
  • ショールームや実店舗を持たずにコストをカット
  • インテリア、家具、家電など3,000以上のアイテムが揃う

<たとえばこんな商品がおすすめ>

商品名 収納付きベッド シングル Alloys(アロイス)引き出し付きベッド フレームのみ
価格 21,980円
ベッドのサイズ フレームサイズ:横101cm×縦215cm
製品情報 照明、コンセントもついて使い勝手は抜群。

マットレスを選んでセット購入することもできる。

<悪い口コミ>

組み立てなので2時間はかかるかなぁ?とおもったのですが、6時間かかりました。(購入商品:収納付きベッド)

引用:公式サイト

自分で組み立てなければならないので、その分手間はどうしてもかかってしまうようですね。

<良い口コミ>

子どもの小学校入学を機に、子ども部屋をつくったのでこのベッドを購入しました。(中略)いつまでも使えるデザインと機能で大満足です。(購入商品:収納付きベッド)

引用:公式サイト

使い勝手の良いベッドで大人はもちろん、子どもにもおすすめの製品です。

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

【300人アンケート】何を重視する?

「みんなは何を重視してベッドを選んでいるの?」

ここでは、300人に調査したアンケート結果に基づき、「ベッドを選ぶ時にもっとも重視することは何か」をランキングで紹介します。

1位:ベッドのサイズ

ベッドのサイズは、生活スタイルに合っていることが大切です。

1人暮らしであればシングルかセミダブルを選ぶ人が多く、さほど悩むことはないでしょう。

気をつけたいのは、新婚生活を始めるカップルのベッド選びです。最初にセミダブルやダブルをひとつ購入して、後で後悔するカップルは意外と多いようです。

ベッドがひとつだと、夫婦でマットレスの硬さの好みが違っていたり、風邪をひいた時も別々に寝られないなど、意外と不便なことが生じる場合もあります。

また、現在の生活だけでなく、家族が増えた時のことも考えて選ぶと失敗しにくくなります。

たとえば、シングルを2つ、またはシングルとセミダブルを1つずつ買うという方法もあります。子どもが生まれたら、ベッドを2つつなげて3人で寝ることも可能です。

2人以上で生活する場合は、家族でよく話し合ってベッドを選びましょう。

2位:ベッドの色

色は部屋の印象を大きく左右します。他の家具との調和も考えて選びましょう。

たとえば、茶系ならナチュラルで落ち着いた雰囲気が出せます。黒の場合は、高級感や重厚感のある雰囲気が演出でき、特に男性に人気です。白の場合は、清潔感や、部屋を広く見せる効果があり、特に女性に人気です。

3位:コイルの硬さ

コイルの硬さは、「ベッド選びに大切な5つのポイント」でも紹介したように、ポケットコイルとボンネルコイルがあります。

体が沈むようなやわらかめのベッドが好みならポケットコイル、体圧を分散してしっかり体を支えるベッドが好みならボンネルコイルがおすすめです。

4位:マットレスの硬さ

こちらも「ベッド選びに大切な5つのポイント」で紹介したように、大きく分けると高反発マットレスと低反発マットレスがあります。

腰痛や肩こりがあり、体圧を分散して寝返りのしやすいベッドが良いなら高反発マットレスがおすすめです。腰痛や肩こりがなく、体が包み込まれるような柔らかさが好きなら低反発マットレスがおすすめです。

5位:ベッドの価格

好みのベッドが見つかっても、予算を大きく上回っていれば諦めざるを得ないこともあります。ベッドの価格はメーカーによって様々で、激安店なら1万円前後から、高級メーカーなら20万円以上するものもあります。

まずはいくらまでなら出せるか、おおよその予算を決めてからベッド選びをするとスムーズです。

6位:ベッドの耐久性

大きな買い物といえるベッドは、できるだけ長く使いたいですよね。

耐久性は外から見ただけでは分かりづらいものです。耐久性を知るには、メーカーが製品の耐久性試験や検査を行い、その結果を公式サイトで公表していることもよくあります。それらをチェックするのも参考になるでしょう。

また、たとえばシングルサイズに大人ふたりが寝るなど、用途に合わない無理な使い方を続けないことも大切です。

合わないベッドで起こる7つの問題点

ベッドが体に合っていないと、どのような問題があるのでしょうか?起こりうる体の不調とその原因をまとめました。よくある不調は次の7つです。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • いびき
  • 寝付きが悪くなる
  • 熟睡できない
  • 目覚めが良くない
  • 慢性的な倦怠感

肩こり

ベッドのサイズや硬さが合っていないと、肩こりを引き起こす場合があります。

たとえばシングルサイズのベッドに大人ふたりが寝ているなど、狭いベッドで窮屈な姿勢を続けていたり、寝返りがうてないと肩こりの原因になります。

人は入眠してから自然に寝返りを繰り返しています。寝返りがうてないと、肩甲骨や腰など同じ個所に体圧がかかって血流が悪くなり、肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

また、肩こりや腰痛のある人は、硬めのベッドの方が、体圧が分散されて体をしっかり支えることができる他、寝返りがしやすくなり、肩こり・腰痛予防になるのでおすすめです。

頭痛

肩こりがある人は脳の血流が悪くなり、頭痛になりやすい人が多いようです。

まずは肩こりを予防・解消できるベッドのサイズや硬さを選び、頭痛の原因となる肩こりを改善しましょう。

いびき

いびきは、気道が狭くなることによって起こると言われています。

気道が狭くなる原因のひとつして、マットレスの硬さやまくらの高さが合っていない場合が考えられます。

適度な硬さで体をしっかり支えるマットレスを選ぶとともに、まくらの高さにも気を配りましょう。まくらが高過ぎると、仰向けの姿勢で寝た時にあごをひいた姿勢になり、気道が圧迫されていびきをかきやすくなります。

寝付きが悪くなる

ベッドのサイズや硬さが体に合っていない場合、寝付きが悪くなることもあります。

たとえば、狭いベッドでリラックスできない、寝返りがうてない、また、柔らか過ぎて自然な寝返りができないなどの原因が考えられます。

寝返りのできる十分な幅と、適度な硬さのベッドを選びましょう。

熟睡できない

寝付きが悪いと布団に入ってもなかなか眠気が来なかったり、繰り返し目が覚めたりと、熟睡できないこともあります。

熟睡のためにも、自分に合うサイズと硬さのベッドで寝ることが大切です。

目覚めが良くない

寝付きが悪い場合や熟睡できない場合は、朝すっきりと目覚めることができないこともよくあります。

たとえ睡眠時間をきちんと確保していても、朝、まだ眠り足りないと感じることもあります。すっきりした目覚めのためには、睡眠時間の長さよりも、質の良い睡眠をとることが大切であり、そのためには自分に合うベッド選びが欠かせません。

慢性的な倦怠感

これまで挙げたように、肩こりや頭痛、眠りに関する不調を抱えていると、寝ても疲れが取れない状態が続き、慢性的な倦怠感を引き起こしやすくなります。

疲労を回復し、生活の質を向上して日中のパフォーマンスを高めるためにも、良質な睡眠をとることが大事なのですね。

安眠効果◎のベッドで最高の目覚め!

ベッドの人気ランキングと、ベッド選びのポイントについて見てきました。

ベッドには実にさまざまな種類があることが分かりましたね。睡眠の質によって生活の質は変わります。自分に合う理想のベッドで、目覚めの良い毎日を過ごしましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*