まくらの選び方は3つのポイントで決まる!枕一つで変わる睡眠の質

まくらの選び方次第で今後の人生が大きく変わると言ったら大げさに感じますか?これまでたくさんの人が、「もっと早く […]

まくらの選び方次第で今後の人生が大きく変わると言ったら大げさに感じますか?これまでたくさんの人が、「もっと早くまくらを変えればよかった」と感じたのにはわけがあります。いびきや肩こり、自律神経の不調や目覚めたときのだるさは、みな寝ている間の姿勢が原因だったわけです。高さとサイズが合っていてピッタリ素材のまくらにチェンジした瞬間から、体の不調と睡眠の質が大幅に改善しました。今度はあなたがまくら1つで変わる世界を体験する番です。

ぐっすり眠れるまくらの選び方とは

まくらの大切さを知らないわけではないけれど、だからといっていまのまくらはもう少し使えそう……。いざまくらを買い替えようと思っても、「失敗してはいけない」と思うと、結局先延ばしにしてしまう……。

そんなことを考えている間にも、まくらのせいでぐっすり眠れず、しかも体調不良を招いているとしたらもったいないと思いませんか?

この記事では、ぐっすり眠れるまくら選びのポイントをたった3つに絞っています。難しく考え込む必要はなく、本当に効果のあるまくら選びが可能になります。

  • まくら選びのポイントはたった3つ
  • たとえばこんなまくらがおすすめ
  • まくらを上手に使う2つの方法

まくら選びのポイントをしっかり理解し、本当に効果が期待できるまくらを知り、買ってきたまくらを正しく使う方法を習得する。これで快眠は間違いなしです。

まくらは高さ・サイズ・素材で選ぶ

まくらを選ぶときには、かならず次の3つの点をチェックしてください。

  • 高さ
  • サイズ
  • 素材

理想的な高さになっていないと、首筋や肩に余計な負担がかかって肩こりや体調不良の原因になります。サイズも、体格にあったものを使ってはじめて快適な睡眠を確保できます。選ぶ素材によって通気性や耐久性が変わってくるので、「どの素材を選ぶか」も重要なポイントです。

枕選びのポイント1「高さ」

まくらは高すぎても低すぎてもいけません。まくらを選ぶ際、高さは欠かせないチェックポイントです。

理想の高さになってはじめて首のきれいなカーブが保たれて、喉が圧迫されることもなく、いびきや無呼吸症候群を予防できます。

では理想の高さとはいったいどのくらいなのでしょうか?

以前、NHKの「ためしてガッテン」では、頭の角度が15度に保たれると良いと放送されました。これを1つの目安にして選ぶとよさそうです。

仰向けで寝ることが多い人は若干低めを、横向きになることが多いなら少し高めを選ぶとちょうど良いです。

枕選びのポイント2「サイズ」

体型に合ったまくらのサイズを選ぶことによって、首を適正な位置にセットして眠ることができます。

選ぶまくらのサイズ(目安)

体格 まくらのサイズ
小柄の人 35cm×50cm
中柄の人 43cm×63cm
大柄の人 50cm×70cm

あくまで目安ですが、平均的な寝返りの回数なら快適に眠れるサイズになっています。

枕選びのポイント3「素材」

まくらの高さやサイズだけではなく、中身の素材も自分にあったものを選んでください。代表的な素材は8つです。

素材 体圧分散 通気性 耐久性
低反発ウレタンまくら
高反発まくら
羽毛まくら
そばがらまくら
パイプまくら
ポリエステルわたまくら
小型ビーズまくら
藤枕・竹まくら

低反発ウレタン

  • 圧を加えると柔らかく沈み込むような柔らかい使用感
  • 通気性が良くないので、汗をかきやすい人や温度の高い部屋での使用には向いていない
  • 水洗いできないので、カバーなどを工夫して衛生的に使う必要がある

高反発まくら

  • 適度な硬さがあって頭をしっかり支える
  • 首のS字カーブを維持しやすい
  • 水洗いできるものとできないものがあるので、購入時に確認すべき

羽毛まくら

  • 羽毛布団と同じく、ふかふかの使用感が心地いい
  • 柔らかいので頭がかなり沈み込む
  • ダウンとフェザーの配合比率によって使用感が異なるので注意

そばがらまくら

  • 通気性、熱の発散に優れていて夏場には涼しく感じる
  • 硬めの寝心地で、それほどフィットしない
  • 素材としては比較的リーズナブル

パイプまくら

  • 洗濯機での丸洗い可能で手入れがしやすい
  • 肌あたりは硬く、人によってはゴツゴツしているように感じる
  • 通気性はほかの素材と比較しても抜群に良い

ポリエステルわたまくら

  • ふわふわして柔らかく、クッションをまくらにしている感覚
  • 使っているうちにわたが消耗して寝心地が変わることがある
  • ダニの繁殖に注意

小型ビーズまくら

  • 首筋へのフィット感が高い
  • 硬めの素材で、仰向けに寝ると後頭部付近が圧迫されるように感じることも
  • 熱が逃げにくいので、通気性は低い

藤枕・竹まくら

  • 素材自体が丈夫なので長く使える
  • 柔軟で弾力があるので、首や頭にフィットする
  • 一般的に小さいサイズのものが多く、寝返りはしにくい

ベスト3!良く眠れる枕ランキング

ここで、「これならよく眠れる!」と評判のまくらを3つ取り上げます。

  • YOKONE2
  • めりーさんの高反発枕
  • ストレートネック枕

【第1位】YOKONE2

  • 商品名:YOKONE2 横向き寝まくら
  • 販売会社:ムーンムーン株式会社
  • 価格:18,000円(税抜)
  • まくらのタイプ:リラックスウレタン素材、ハード・ソフトから選べる

特徴

  • いびき対策・快眠のため横向きで寝ることを想定して開発
  • 頭と肩の形状に合わせて柔軟に変化するウレタン素材
  • 高さや素材の変更ができるセミオーダー式

口コミ

家族にイビキも静かな時が多くなったし、無呼吸もでなくなってるよ、と言われました。

引用:Amazon

高さがあってはじめは首が痛くなりました。

引用:楽天

メーカーが想定している通り、いびき対策として高い評価を得ています。横向きまくらは、これまで使っていたまくらによっては慣れるまで時間がかかることがあるようですね。公式サイトなら、2個買うと3個目が無料になります。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

【第2位】めりーさんの高反発枕

  • 商品名:めりーさんの高反発枕
  • 販売会社:株式会社グリボー
  • 価格:12,800円(税込)
  • まくらのタイプ:ウレタンフォーム

特徴

  • 使っている布団に合わせて高さと角度を調整できる
  • 自然な寝返りをサポートするだけの反発力がある
  • 平均的なまくらの寿命より3倍近く長持ちする

口コミ

枕を変えてから3日後ぐらいで、首の痛みが軽くなるのを実感しました。

引用:Amazon

カバー類が安っぽいです。

引用:Amazon

まくらを変えることによって寝ている間の姿勢が変わり、順調に首の調子が回復しているというコメントが多くあります。価格が高級価格帯ではないので、必要や好みに応じてカバー類は交換するとよさそうですね。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

【第3位】ストレートネック枕

(公式サイトより引用)

  • 商品名:スローコアピローPRO-EX
  • 販売会社:一般社団法人 日本予防トレーニング協会
  • 価格:24,800円(税込)
  • まくらのタイプ:特殊発砲ウレタン素材

特徴

  • 特殊素材の採用で10年間の使用を想定している
  • ストレートネックに起因する健康障害を無理なく改善していく
  • まくらを使ったエクササイズで回復を早める

口コミ

使って間もなく少しずつ体調が回復してきました。良い商品だと思います。

引用:楽天

高い買い物でしたが満足してます。ただ、高すぎて人に紹介できないのが残念。

引用:楽天

ほんとうに不調の原因がストレートネックなら、使い始めて早い段階での変化を期待できますね。ある程度の投資になりますが、「価値がある」と判断できるかどうかは人それぞれです。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

ほかにも枕のおすすめはありますが、まずはこの3つの中から選んでみるとよさそうです。

>>ほかのおすすめ枕も見てみる

選び方に要注意!悪い枕を使うリスク

なかには、妥協しても問題ないものもありますが、まくらの場合は我慢したり妥協したりするのはNGです。悪いまくらを使うことには体へのリスクが伴います。

合わないまくらによる体へのリスク

  • 首や肩の不調
  • いびき
  • 頭痛
  • 朝起きたときに不快感
  • 快眠の妨げになる

首痛・肩こり

無理な姿勢を続けることで、筋肉が疲労したり血行が悪くなったりして首痛や肩こりが起きます。

睡眠中には、まくらによって無理な姿勢になってしまう可能性がありますので、自分に合わないまくらを無理して使い続けることは百害あって一利なしです。

いびき

寝ているときに舌が気道に落ちて狭くなってしまうことでいびきが発生します。

自分に合ったまくらを使っていると気道が確保できるのでいびきが軽減されるのですが、合っていないと悪化します。

家族やパートナーから「最近いびきがひどい」と指摘された人が、まくらを変えたら解消されたということも少なくありません。

頭痛

頭痛の原因はさまざまですが、もし筋緊張型頭痛が続くようなら、寝ている間の姿勢を疑ったほうがよいです。

とくに、朝起きるときに頭が痛くて、30分くらいすると収まることが多いなら、自分に合っていないまくらを使うことによって頭痛が起きている可能性が高いです。

軽い頭痛で収まればいいのですが、首の湾曲への影響が心配されます。

朝起きると体が重い

十分な睡眠時間を確保しているつもりなのに、なんだか朝起きると体がだるい……。

そんなときは、睡眠中に体がほんとうにリラックスできているかどうか疑問です。ストレスなど緊張性のものでなければ、寝ている間の姿勢に起因する問題の可能性が高いです。

マットレスの選び方と共に、まくらの選び方次第でスッキリ目覚められるようになります。

熟睡できていない

正しい寝姿勢の保持があってはじめて熟睡できます。入眠したら、あとは寝心地のいい姿勢がキープできているので、物理的な刺激がない限り眠り続けることができます。

まくらを含む寝具が合っていないと正しい寝姿勢やスムーズな寝返りが実現できません。

まくらを使う時の2つのポイント

せっかく良いまくらを選んでも、使い方が正しくなければ意味がありません。ここで最低限意識したい2つのポイントを見ていきます。

  • まくらのポジション
  • まくらを整える

肩に当たるまで頭をのせる

まくらは頭を支えるためのものではなく、首を支えるためのものです。それで、かならず肩に当たるまで頭を乗せるようにしてください。

頭だけチョンと乗せる形になると、想像以上に首への負担がかかってしまい、体への影響が出てきます。

まくらを平らにならす

良いまくらは、寝る前に毎回ならしてあげましょう。形を整えるのはユーザーの責任です。

コツは、まず平らにならすことです。次に、好みに合わせて肩が当たる部分を少しだけ低くして頭を乗せると正しい寝姿勢になりやすいです。

自分まくらを見つけてグッスリ熟睡!

自分に合ったまくらを見つけて眠ることの喜びは、実際に自分に合ったまくらを選べた人しか味わうことができません。

まくらを買い替えるか悩んでいるくらいなら、サッサと探してグッスリ熟睡してみませんか?

慌てて選んだり、安物を買って銭を失ったりすることがないように、この記事で取り上げた3つのポイントをしっかり意識しながら選んでみましょう。

高さ、サイズ、素材を吟味したうえで、「コレだ!」と思うものをゲットしましょう。

良いまくらとの出会いが、今後の人生を大きく変えるかもしれません!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*