まくら人気ランキング3選!4つのポイントで選ぶグッスリ眠れる自分枕

まくらの人気ランキングを大調査!世界で2番目に睡眠時間が短いと言われる日本人にとって、良質な睡眠を得るための寝 […]

まくらの人気ランキングを大調査!世界で2番目に睡眠時間が短いと言われる日本人にとって、良質な睡眠を得るための寝具選びはとても重要です。とくにまくらは、種類によって高さやサイズ、素材、硬さなどが大きく異なります。自分に合っていないと、良質な睡眠はおろか、肩こりや頭痛、だるさなどの不調を引き起こすこともあります。一方、自分にベストなまくらを選べば、ぐっすりと快適な睡眠を得ることができ、日中のパフォーマンスも高められます。忙しいビジネスパーソンは必見です!

まくら人気ランキングNO.1を調査

2015年の厚生労働省の調査によると、1日の睡眠時間が6時間未満の人の割合は39.5%でした。

「睡眠負債」という言葉が注目されているように、日本人にとって睡眠不足は深刻な話のようですね。しかし、忙しい人が睡眠時間を増やすのは現実的に難しいため、代わりに「睡眠の質を高めよう」という考えが広まっています。

そこで今回は、良質な睡眠を得るための理想のまくら選びについて特集します。

  • 忙しい人ほど、睡眠の質を高める良質なまくらを選びたい
  • 自分に合うまくらを選べば、肩こりや寝つきの悪さを改善できる
  • 部門別のまくら人気ランキングを特集
  • 自分に合うまくら選びのポイントが分かる
  • まくらは睡眠だけでなく、日中のパフォーマンス向上効果もある

【肩こり軽減枕】人気ランキング3選

まずは、肩こりや首こりがつらい人におすすめの、【肩こり軽減枕】の人気ランキングBest3を紹介します。

【1位】めりーさんの高反発枕

価格 12,800円
販売会社 株式会社グリボー モットンジャパン事業部
まくらのタイプ 高反発まくら

<特徴>

  • 「高さ調節シート」つきで首の骨の高さに合わせられる
  • 反発力にこだわり、自然な寝返りをサポート
  • 体圧分散に優れ、首の負担が最小限にできる
  • 優れた耐久性で長く使い続けられる
  • 通気性が良く、蒸れにくい
  • ダニを寄せ付けず、ホコリもでないので衛生的
  • 90日間返金保証キャンペーン実施中

<悪い口コミ>

高さ調整ができる安そうなウレタンフォームが入っていて カバー類も安っぽいです。 

引用:Amazon

「見た目が安っぽい」との声が少数ですが、ありました。素材には重力を効率的に分散させるウレタンフォームを使用し、カバーには肌触りの良いベロアが使用されています。見た目の特別な高級感はなくても、こだわりのまくらであることは間違いありませんね。

<良い口コミ>

この枕を使ってから1週間が経っていますが、一度も頭痛になっていません。頭痛の原因の凝り固まったものがなくなりました。もう、手放せません。

引用:公式サイト

肩こりや首こりがつらいと感じていた人の多くが、「症状が改善した」と実感していました。自分で高さが調節できる点も好評です。

取り扱いの有無と価格
Amazon 在庫切れ(2018年4月5日現在)
楽天 取り扱いなし
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】六角脳枕

価格 18,900円
販売会社 株式会社イッティ
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • Wの凹凸構造で寝返りがしやすく、呼吸もしやすい
  • ほどよいゆらぎの形で快適に眠れる
  • 「低反発マイクロウェーブ素材」で抜群のフィット感
  • 寝つきの良さを実現する、冷たすぎない保冷剤を使用
  • 全額返金キャンペーン実施中

<悪い口コミ>

1ヶ月使用してみて首の痛み消えました。これはいいと思います。が、カバーが高すぎます。(40代男性)

引用:公式サイト

まくらにはカバーがセットでついていますが、替えのカバーが欲しい場合は別途購入する必要があります。楽天のイッティ公式ショップでは、カバーが通常3,980円のところを2,500円で購入できます。

<良い口コミ>

2個目の購入!肩こりがひどく 色々試した結果 私にはこれが一番良かったです。

引用:Amazon

「変わった形だけど使ってみると快適!」という称賛の声が多く寄せられていました。冷たすぎない保冷剤も「気持ちがいい」と高く評価されています。

取り扱いの有無と価格
Amazon 18,900円
楽天 18,900円
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】もちふわエアチップピロー

(Amazonより引用)

価格 3,022円
販売会社 株式会社新陽トレーディング
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • 柔らかさと安定感のバランスで、首や肩の負担を軽減
  • 反発力と弾力性に優れたウレタンチップを使用
  • オープンセル構造のウレタンを使用することで独自のもちふわに
  • 国際的な安全規格をクリアした安心な製品

<悪い口コミ>

個人差もあるんだろうけど自分には厚みが少し高めだった。

引用:Amazon

高さ調節ができる商品ではないため、人によっては厚みがあり過ぎると感じる場合があるようです。製品にはSサイズとMサイズがあるので、自分に適したサイズを選ぶと良いですね。(※現在は楽天、AmazonともにSサイズが売り切れています。)

<良い口コミ>

頭を包まれるような感じで、とても寝心地がいいです。大満足でした。

引用:楽天

「肩こりや頭痛が改善した」という声が多く寄せられていました。比較的リーズナブルな価格でありながら、見た目はホテルのまくらのような高級感がある点も評価されています。

取り扱いの有無と価格
Amazon 2,648円(Mサイズ)
楽天 3,022円(Mサイズ)
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>Amazonから購入する

【快眠枕】人気ランキング3選

続いては、眠りが浅い人や寝つきが悪い人におすすめの、【快眠枕】の人気ランキングBest3を紹介します。

【1位】ASMOT「スリープマージピロー」

(公式サイトより引用)

価格 19,800円
販売会社 ナオ・シング株式会社
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • 一流ホテルなどのOEMも手掛ける老舗のまくら
  • 低反発系素材と高弾性素材の組み合わせで、頭部の沈み込みを調整
  • 「クラボウ」が開発した特殊フォームで吸いつくようなフィット感
  • すぐれた体圧分散で頭や首のストレスを分散
  • 2段階の高さ調整が可能
  • 横幅60cmのワイド設計で寝返りをサポート
  • 素材、加工、縫製のすべてが日本製

<悪い口コミ>

柔らかさ 寝心地は最高です。(中略)一つ残念な点をあげるとすれば匂い。プラスチックのような独特な匂いがします。

引用:楽天

スリープマージピローの本体にはウレタンフォームが使用されています。ウレタンの匂いは、とくに気にならないという人もいれば、気になるという人もおり、好みが分かれるようです。

<良い口コミ>

もともと眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまう母への誕生日プレゼントとして購入しました。夜中に目覚める回数も減ったようで、喜んでいます。

引用:ヤフーショッピング

「寝心地が最高に良い」という声が多数寄せられていました。寝起きも良くなり、「もう手放せない!」と絶賛する声もありました。

取り扱いの有無と価格
Amazon 19,800円
楽天 19,800円
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】六角脳枕

価格 18,900円
販売会社 株式会社イッティ
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • Wの凹凸構造で寝返りがしやすく、呼吸もしやすい
  • ほどよいゆらぎの形で快適に眠れる
  • 「低反発マイクロウェーブ素材」で抜群のフィット感
  • 寝つきの良さを実現する、冷たすぎない保冷剤を使用
  • 全額返金キャンペーン実施中

【快眠枕】第2位は、【肩こり軽減枕】第2位でも紹介した六角脳です。

独特のWの凹凸構造が快適な眠りをサポートしてくれる他、頭寒足熱の健康法にもとづき、2か所に保冷剤を入れることで季節を問わず心地よく眠れます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】スリーパードクターズピロー

(公式サイトより引用)

価格 29,800円
販売会社 株式会社イッティ
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • 特殊な3Dカット加工で呼吸と寝返りをサポート
  • 独自開発の低反発ウレタンを使用し、やさしくフィット
  • 高性能HLDマットが背中を点で支えて体圧を分散
  • 吸汗、速乾、制菌機能で衛生的
  • KINGサイズで頭部から肩甲骨までサポート

<悪い口コミ>

後輩のリクエストでプレゼントしました。最初の何日か慣れるまでは違和感があったそうです。でも、慣れたら快適だそうです。

引用:楽天

頭部を乗せる部分と背中を乗せる部分がある珍しい形状のまくらなので、最初は慣れないと感じる人もいるようですね。

<良い口コミ>

二日目からびっくりするくらいなじんで 朝起きた時もいつもある肩こりや背中痛がなくてとてもうれしかったです。色々枕を試してきましたけどこの枕がいちばんあっていました。

引用:楽天

「寝つきが良くなった」という声が多数ある人気商品です。自分用の他、「プレゼントして喜ばれた」という声も多いのが印象的でした。

取り扱いの有無と価格
Amazon 取り扱いなし
楽天 29,800円
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【低反発枕】人気ランキング3選

頭を柔らかく包み込むような使用感が特徴の低反発まくはら、あらゆるまくらの中でもとくに人気があります。ここでは、そんな【低反発枕】の人気ランキングBest3を紹介します。

【1位】YOKONE2

価格 18,000円
販売会社 ムーンムーン株式会社
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • 気道を確保し呼吸が楽になる横向き寝専用まくら
  • 3段階の高さ調整が可能
  • 冷感素材のまくらカバーで安眠しやすい
  • 頭、首、肩、腕の4点を支える特許技術
  • いびき、無呼吸で悩む人にもおすすめ
  • 返品・返金保証お試し購入キャンペーン中

<悪い口コミ>

枕が高過ぎて寝にくく、数回で使うのをやめました。

引用:Amazon

YOKONE2には厚みが異なる高さ調整用の板2枚が内臓されているので、高さが合わない場合は自分で調整してみましょう。

<良い口コミ>

家族にイビキも静かな時が多くなったし、無呼吸もでなくなってるよ。と言われました。
寝覚めのスッキリ感も違ってきてます。

引用:Amazon

横向きで寝た時にとても心地が良いと高く評価されています。実際にいびきや無呼吸に悩む人も改善効果を実感しているようでした。

取り扱いの有無と価格
Amazon 19,440円
楽天 19,440円
ニトリ 取り扱いなし

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】六角脳枕

価格 18,900円
販売会社 株式会社イッティ
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • Wの凹凸構造で寝返りがしやすく、呼吸もしやすい
  • ほどよいゆらぎの形で快適に眠れる
  • 「低反発マイクロウェーブ素材」で抜群のフィット感
  • 寝つきの良さを実現する、冷たすぎない保冷剤を使用
  • 全額返金キャンペーン実施中

【低反発枕】の第2位は、【肩こり軽減枕】第2位と【快眠枕】第2位でも紹介した六角脳枕です。

一般的に寝返りがしにくいと言われている低反発まくらですが、六角脳枕はWの凹凸構造で寝返りがしやすいつくりになっています。

あらゆる悩みを解決してくれる理想の低反発まくらといえそうですね。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】もちふわエアチップピロー

(Amazonより引用)

価格 3,022円
販売会社 株式会社新陽トレーディング
まくらのタイプ 低反発ウレタンまくら

<特徴>

  • 柔らかさと安定感のバランスで、首や肩の負担を軽減
  • 反発力と弾力性に優れたウレタンチップを使用
  • オープンセル構造のウレタンを使用することで独自のもちふわに
  • 国際的な安全規格をクリアした安心な製品

【低反発枕】の第3位は、【肩こり改善枕】第3位でも紹介したもちもちエアチップピローです。
「低反発まくら派」の人が好きなもちもちふわふわの感覚を存分に味わえるまくらです。

>>詳細ページはこちら
>>Amazonから購入する

300人にアンケート調査!求めるまくら

「みんなはどんな素材のまくらを使っているの?」

ここでは、300人にアンケートをした結果に基づき、まくらの素材の人気ランキングと、それぞれの素材がどんな人におすすめかを紹介しています。あなたのまくら選びの参考にしてくださいね。

1位:低反発ウレタンまくら

人気ランキング第1位は、低反発ウレタンまくらです。今回の人気まくらランキングでも数多く登場していますね。

低反発ウレタンまくらとは、圧力に対して反発を抑えた低ウレタン素材を使用したまくらのことです。手で押すとしばらく押した形が残り、ゆっくり元に戻ります。

頭がやわらかく包み込まれるような感覚があります。また、圧力を分散できるので、首や肩への負担を軽減することができます。

通気性は良くないため、夏は暑く感じる人もいるようです。

<こんな人におすすめ>

  • フィット感のあるやわらかいまくらが好きな人
  • 肩こり、首こりが気になる人

2位:高反発まくら

高反発まくらは、低反発まくらとは逆に反発力が強くなっています。

そのため、頭をしっかりと支えて、首もサポートしてくれます。硬さがあるので、自然な寝返りがしやすく、肩の負担を軽減して肩こり改善効果もあるのが特徴です。

やわらかいまくらが好きな人には、硬すぎると感じる場合があるようです。

<こんな人におすすめ>

  • やわらかいまくらが苦手な人
  • 肩こり、首こりが気になる人
  • 寝返りしやすいまくらが欲しい人

3位:羽毛まくら

羽毛まくらは、水鳥の羽毛を使ったまくらです。

適度に弾力があり、空気を含んだふんわりとしたやわらかさがあるのが特徴です。人によっては、やわらか過ぎて安定しないと感じる人もいるようです。吸湿性や放湿性に優れています。

羽毛アレルギーの人は使用を避けるようにしましょう。

<こんな人におすすめ>

  • やわらかいまくらが好きな人
  • 汗かきの人

4位:そばがらまくら

そばがらまくらは、そばの実を脱穀した後の種皮を使用したまくらです。

適度な硬さと安定感があり、昔ながらの素材として人気があります。吸湿性や放湿性に優れ、接触冷感もあるので心地よく使えます。

ただし、中身が偏りやすく、湿気が多いとカビやダニが発生しやすいので注意が必要です。

そばアレルギーの人は使用を避けるようにしましょう。

<こんな人におすすめ>

  • 天然素材のまくらが好きな人
  • 汗かきの人

5位:パイプまくら

パイプまくらは、ストローを短く切ったようなパイプ素材を使った定番のまくらです。

通気性が良く、丸洗いが可能なのでお手入れがしやすいのが特徴です。比較的安い商品が多いので経済的です。

ただし、吸湿性はほとんどありません。

<こんな人におすすめ>

  • 安価なまくらが欲しい人
  • お手入れが楽なまくらが欲しい人

6位:ポリエステルわたまくら

ポリエステルわたまくらは、合成繊維のポリエステルをわた状に加工した素材を使ったまくらです。

わたのようなふんわりとした質感で、軽く、かなり安価なものが多いのが特徴です。

ただし、ボリュームがなくなるのが早いので、買い替えまでの寿命は短めとなります。

<こんな人におすすめ>

  • やわらかいまくらが好きな人
  • 軽量のまくらが好きな人
  • 安価なまくらが欲しい人

7位:小型ビーズまくら

小型ビーズまくらは、小さな発砲ビーズを使用したまくらです。

同じ素材を使用したビーズクッションも有名で、体が包み込まれるような大き目のビーズクッションは話題になっていますよね。

まくらの場合、頭が包み込まれるような独特な使用感があり、柔軟に頭になじむという特徴があります。

ただし、まくらの形が変形しやすいので頭が安定せず、眠りづらいという人もいるようです。

<こんな人におすすめ>

  • やわらかいまくらが好きな人
  • 極小ビーズの使用感が好きな人

8位:藤枕・竹まくら

藤枕は藤で編んだまくら、竹まくらは竹を使ったまくらです。

どちらも見た目が涼しげで、通気性が非常に良く、暑い夏には最適といえます。弾力性と耐久性にも優れています。

ただし、人によっては硬すぎると感じる人もいます。

<こんな人におすすめ>

  • 天然素材のまくらが欲しい人
  • 硬いまくらが好きな人
  • 汗かきの人

自分に合う枕選び4つのポイント

まくらを選ぶ時、何を基準に選べば良いのかは迷うところですよね?失敗しないまくら選びのポイントは次の4つです。

  • 高さは自分に合っているか
  • 自分に合うサイズか
  • 自分に合う素材か
  • 枕の硬さは自分好みか

高さは自分に合っているか

まくら選びでもっとも重要なのが、まくらの高さです。

まくらの高さの平均は、男性で4cm、女性で3cmといわれていますが、細めの人であればより低め、太めの人であればより高めというように、個人差があります。また、低反発まくらのように頭をのせて沈み込む時の高さを計算して作られているものもあります。

自分に合うまくらの高さが分からないという人は、高さ調整ができるまくらだと安心ですね。

自分に合うサイズか

まくらのサイズは、寝返りをうっても頭がまくらから落ちない横幅があるものを選びましょう。自然な寝返りがうてることは快眠のために大切です。

一般的に主流となっているのは43cm×63cmで、肩幅と同じ横幅になります。

ひと回り大きいと、50cm×70cmになり、ホテルでもよく使われるくらいのサイズになります。

自分に合う素材か

まくらの素材も自分に合うものを選びましょう。

先ほどの「300人にアンケート調査!求めるまくら」で紹介した人気素材をもとに、自分にはどんな素材が向いているかをチェックしてみてください。

枕の硬さは自分好みか

まくらの硬さについては、人によってかなり好みが分かれるものです。

硬いまくらが苦手な人もいれば、やわらかいまくらだと落ち着かないという人もいます。

こちらも「300人にアンケート調査!求めるまくら」をもとに、自分に合いそうな素材を見つけてくださいね。

>>おすすめの枕をもっと見る

合わない枕を使うことで起こる5つの問題

ここでは、合わないまくらを使うことでどのような不調が起こり得るのかを具体的に見てみましょう。よくある不調は次の5つです。

  • 頭痛
  • いびき
  • 肩こり、首こり
  • 眠りが浅い、寝つけない
  • 翌日のだるさ

頭痛

まくらの高さが合っていないと首を圧迫し、脳への血流が悪くなることで頭痛の原因になる場合があります。一般的に、ベストな高さよりも低すぎるまくらや硬すぎるまくらは頭痛を起こしやすいと言われています。

いびき

ベストな高さよりも高すぎるまくらは、気道が圧迫されていびきをかきやすくなります。

肩こり、首こり

ベストな高さよりも高すぎるまくらは、首が前に傾くことで首や肩に力が入り、筋肉が緊張してしまいます。その結果、肩こりや首こりを起こしやすくなります。

眠りが浅い、寝つけない

まくらの高さや硬さが合わないことにより、寝ている時に首や肩への圧迫や緊張が続くと、交感神経が優位になり、自然な眠りを妨げられることになります。こうしたことから、眠りが浅い、なかなか寝つけないといった症状が出やすくなります。

翌日のだるさ

合わないまくらで眠りが浅く、寝つきが悪くなると、就寝中に充分な疲労回復ができず、翌日のだるさとして症状が出やすくなります。

「寝ても疲れが取れない」という時は、まくらが合っていない可能性が考えられます。

No.1枕で熟睡!翌日スッキリ起床

まくらの部門別人気ランキングについて見てきました。

人間の頭の重さは体重の約10%と言われています。

体重50kgの人ならおよそ5kg。ボーリングのボール(11ポンド)ほどの重さの頭を首が支えているわけですから、日中は首にかなりの負担がかかっています。

だからこそ、眠る時にはできる限り首への負担を減らしてリラックスできるまくらを選びたいですよね。

自分にぴったりのまくらで、極上のリラックスと良質な睡眠を手に入れましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*