マットレスの人気商品を比較!3つのポイントに注目して今すぐ快眠をGET

マットレスってどこを比較すればいいの?と悩んでいる人はこの記事をチェック!マットレスは寝ているときに身体を支え […]

マットレスってどこを比較すればいいの?と悩んでいる人はこの記事をチェック!マットレスは寝ているときに身体を支えてくれる大事な寝具であり、選び方は大切です。自分に合っていないと、眠りづらい・起きたときに身体が痛い・腰痛がひどくなるなど数々のトラブルに悩まされてしまいます。今回はマットレスの購入を検討するときに、商品を比較するポイントを解説し、人気商品を比較してみた結果も発表します。良いマットレスでぐっすり眠って疲れを癒しましょう!

人気のマットレスを比較検証!

  • マットレスを比較せずに買うと後悔することに
  • 身体に合わないマットレスは寝心地が良くない
  • 健康に害をもたらしてしまうことさえもある
  • 比較すべきポイント・人気商品の比較結果を発表

 

マットレスなんてどれを選んでもだいたい似たようなものと思っていませんか?身体の丈夫さに自信がある人ほど、よく考えずに安さで選んでしまいがち。

しかし、複数の商品をよく比較することなく、適当に選んでしまうと後悔する可能性が高いですよ。

自分に合っていないマットレスの寝心地は最悪で、腰痛・背中の痛みなど健康問題にまで発展してしまうことも。だからこそ、適切な比較ポイントを把握することは大切なんです。

マットレスの選び方がよく分からない人に向けて、どのポイントを見ればよいかを説明します。さらに、いくつかの売れ筋商品を比較した結果も紹介するので、マットレス選びの参考にしてみてください。

比較は必須!マットレス購入の失敗談

比較しなかったばかりに、後で後悔した失敗談をご紹介します。これを見ると、同じ失敗は絶対繰り返したくないと感じるでしょう。

  • 1人暮らし用マットレスの失敗談
  • 夫婦用マットレスの失敗談
  • 子ども用マットレスの失敗談

1人暮らし用マットレスの失敗談

業者の人に立ち会ってもらって自分の購入するベッドフレームとマットレスのサイズと照らし合わせて搬入可能か確認してもらいます。

その結果、「搬入できません」とのこと。

どうやらエレベーター内のサイズ的にギリギリのようで斜めに入れて搬入せざるを得ないため扉が閉まらない、もしくは商品に傷がつく恐れがあるため無理のようです。

階段での搬入は5階までなので自分の住んでいる8階まで3階分別料金払うから階段での搬入を頼んだけどこれも無理でした。

買う気満々だったためかなりがっくり来ました。

引用:ライフハック for Men

 

意外と盲点なのですが、ベッドやマットレスは、搬入が不可能となってしまうこともあります。

搬入が可能かどうかは、住んでいる建物のエレベーターのサイズ、階段・踊り場の広さなどをもとに業者が判断します。

大きめタイプや組み立てではないタイプを買うときには、特に注意が必要です。搬入できる商品を買えるように、サイズをよく比較しましょう。

夫婦用マットレスの失敗談

キングサイズベッドはシングル二つと思い込んでました。
で、マットレスが配達された日に、ベッドフレームにマットレスをはめてみると。。。。

「入らない!!」なんでだ!!

と、思ってキングサイズのベッドフレームとシングルのマットレスの長さを調べると。。。。

持っていたベッドフレームが180cmで、新しく買ったシングルのマットレスが100cm×2でした。

引用:パパタス

 

ベッドフレーム・マットレスの表記をそのまま信じたばかりに起きてしまった失敗談です。

「シングル」「ダブル」といった表記だけで判断するのではなく、きちんと計測して把握する必要がありますね。

子ども用マットレスの失敗談

息子のベッドを買うときに、身体より少し大きめのマットレスを選びました。でも、身長がどんどん伸びたことで、身長がすぐマットレスのサイズに追いついてしまいました。

さらに体重も増加したことで、すぐにマットレスがへたるようにもなり、わずか1年ちょっとで買い替えをするはめに…。

子供の成長は嬉しいものですが、品質にこだわってちょっと高いマットレスを買ったので、とてももったいなかったです。

もっとサイズも耐久性もしっかり考えて選ぶべきでした。

独自調べ

 

子供の成長が予想以上に早いと、あっという間に使えなくなってしまいます。身長だけでなく、体重増加も考えておかないとすぐにへたるようになってしまうことも。

マットレスの大きさ・耐久性ともに余裕を見て買う必要がありますね。

マットレス選びの5つのポイント

マットレス選びで押さえておくべきポイントは以下の5つです。

  1. サイズ
  2. 硬さ
  3. ベッド用/布団用
  4. 通気性
  5. 耐久性

1.サイズ

マットレスのサイズは、実測値でしっかり把握しましょう。「シングル」「ダブル」などのサイズ定義は各社で微妙に違い、日本と海外でも違います。

一人暮らしならシングルと思いがちですが、男性や身体が大きめの女性は狭いと感じる可能性も高いです。

また、大きめのベッドでゆったりしたい人も、シングルでは不十分でしょう。シングルより少し大きめのセミダブルも検討すると良いです。

夫婦用ならクイーンやキングが目安となるでしょう。シングル2つを選ぶ人もいるようです。身体の大きさと幅の数値を考慮して選びましょう。

2.硬さ

マットレスの硬さに関しては好みがありますが、あまり沈み込むものはおすすめできません。腰が沈み込むと大きな負荷がかかり、腰痛の原因になります。

腰が沈み込まず、適度な硬さがあるものがおすすめです。腰痛持ちの人は特に、高反発タイプが良いです。

ネット通販では実際に確かめられないため、口コミも重要な判断材料です。多くの口コミを見て、硬さや寝心地がどうか判断しましょう。

3.ベッド用/布団用

間違える人がいるのか?とも思える項目ですが、商品説明をよく見ず、見逃してしまう人もいるようです。

ベッド用と布団用では、当然商品の素材や厚みなどがまったく違います。勘違いして買ってしまうと、想定していたように使うことはできません。

4.通気性

日本は高温多湿の国なので、通気性がないとすぐに湿気がたまります。湿気のあるマットレスは寝心地が悪く、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。

通気口があるか、コイルの構造で通気性が確保されているかなどをチェックしましょう。

5.耐久性

マットレスの寿命の目安として、大体3~5年、長くて10年とされています。

耐久性を知るには、密度をチェックしましょう。1立法メートルあたりの重量が、25~30㎏/m3程度かそれ以上あるものが理想的です。

20~25㎏/m3程度でも悪くはないですが、長い期間使うのは難しいかもしれません。

【最新版】人気のマットレス5選

売れ筋の人気マットレスを5つピックアップしました。

【1位】高反発マットレス モットン

(公式サイトより引用)

おすすめポイント

  • 高反発タイプだから身体が沈み込まない
  • 体圧を適切に分散してくれる
  • 普通の敷布団より耐久性が3倍
  • 腰痛持ちの人にもおすすめ
  • 90日間の返金保証制度

 

販売会社 株式会社グリボー
価格 シングル:39,800円

セミダブル:49,800円

ダブル:59,800円

重量 シングル:7.5kg

セミダブル:9.0kg

ダブル:10.7kg

元中日ドラゴンズの野球選手だった山本昌さんも、モットンの愛用者!使い始めてから、腰の痛みが気にならなくなったそうです。

アスリートが効果を実感しているというのは大きなポイントですね。

>>公式サイトはこちら

【2位】13層やすらぎマットレス

(公式サイトより引用)

おすすめポイント

  • 3Dスプリングによる高反発タイプ
  • 通気口があり通気性バッチリ
  • 防菌・防ダニ・防臭加工
  • マットレスの厚みが非常に大きい
  • 60日間の返金保証制度

 

販売会社 株式会社イッティ
価格 シングル:98,000円

セミダブル:108,000円

ダブル:118,000円

重量 記載なし

マットレスとしての機能が充実しているのが特徴!購入者の感想を見ると、寝心地抜群と言う声が非常に多く見られます。

>>公式サイトはこちら

【3位】RISE スリープマジック

(公式サイトより引用)

おすすめポイント

  • ウェーブとブロックの2タイプから選べる
  • 厚みも3種類から選べる
  • 通気性を確保
  • 軽量タイプなので上げ下ろしも簡単

 

販売会社 ライズTOKYO株式会社
価格 4cmシングル:14,990円

4cmセミダブル:19,900円

4cmダブル:24,990円

8cmシングル:29,900円

8cmセミダブル:34,900円

8cmダブル:39,900円

12cmシングル:39,900円

12cmセミダブル:49,900円

12cmダブル:59,900円

重量

マットレスの形状が2種類ありますが、しっとり柔らか目がよい場合はウェーブ、しっかり硬めがいいならブロックを選んでください。

>>公式サイトはこちら

【4位】タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス

(楽天より引用)

おすすめポイント

  • ポケットコイルを高密度に配置
  • メッシュ仕様で通気性を確保
  • 植物由来繊維を100%使い肌に優しい
  • 理想的な寝姿勢を造る

 

販売会社 タンスのゲン
価格 シングル:20,800円

セミダブル:24,800円

ダブル:28,800円

重量 シングル:27kg

セミダブル:34kg

ダブル:39kg

密集させたポケットコイルが身体をしっかり支えてくれます。寝心地をよくするために、コイルの配列も交互配列にこだわりました。

4Dメッシュ仕様で通気性も克服し、S字型の理想的な寝姿勢を作ってくれます。

>>楽天で購入する

【5位】マットレス ポケットコイル

(楽天より引用)

おすすめポイント

  • 横の振動を防ぎ寝心地が良い
  • 18cmの厚みがある
  • 通気性も確保している
  • コストが非常に安い

 

販売会社 株式会社De-Dream
価格 シングル:5,990円

セミダブル:49,800円

ダブル:10,990円

重量 シングル:7.5kg

セミダブル:9.0kg

ダブル:10.7kg

ダブルサイズでも1万円ちょっとと、価格の安さがとても目立ちます。ポケットコイルが独立していて適切な体圧分散ができます。

>>楽天で購入する

 

おすすめのマットレスについてもっと知りたい人は、「最新おすすめマットレス3部門×TOP3!睡眠が劇的に変わる選び方」もチェック!

人気商品を3つの項目で比較検証!

ご紹介した5つのマットレスで、気になる商品はありましたか?ここからは、「商品の品質」「快適性」「口コミ評価」の3項目で比較をした結果をお伝えします。

それぞれの商品の特徴がより浮き彫りになりました!

人気マットレスを品質で比較!

まずは品質面での比較です。

モットン
13層やすらぎマットレス
RISE マジックスリーパー
タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス
マットレス ポケットコイル

品質面で最も優れているのは、モットンと13層やすらぎマットレス!両商品とも生地や縫い方の時点から品質にこだわって作られています。

RISE マジックスリーパーは最大でも厚みが12cmなので、薄くても大丈夫なひとなら問題ありませんが、物足りないと感じる人もいるでしょう。

マットレスポケットコイルは、硬めが好きなひとには柔らかすぎるかもしれません。

快適性に注目!No.1はどれ?

続いて、寝心地・快適性についての比較結果です。

モットン
13層やすらぎマットレス
RISE マジックスリーパー
タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス
マットレス ポケットコイル

快適性に関して、△や×の評価は1つもありません。どの商品も、快適性にほとんど問題ないと言えます。

モットンは寝返りを自然に打つことができ、睡眠の質を向上させることができます。さらに、腰痛改善にもつながることから、幅広い年代・職業の人の支持があるようです。

13層やすらぎマットレスは27cmもの厚みで、雲のような寝心地が特徴です。

マットレスの口コミ評価を比較!

実際に購入した人の評価を比較してみました。

モットン
13層やすらぎマットレス
RISE マジックスリーパー
タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス
マットレス ポケットコイル

口コミ評価の高さに関しては、高密度ポケットコイルマットレス・マットレスポケットコイルの2商品のポイントが高い結果となりました。

高密度ポケットコイルマットレスは、モチっとした感覚・身体をしっかり支えてくれる間隔が評価されています。

マットレスポケットコイルは、価格がかなり安い割には品質も悪くないことから、高い評価を受けているようです。

3項目で比較した結果まとめ

5つの商品を3つの点で比較した結果、最もおすすめなのはモットンです。身体をしっかり支える機能に関しては1・2位を争う品質の良さです。

モットンに次ぐ2位は13層やすらぎマットレスで、機能・品質ではモットンとほぼ同等ですが、価格がかやや高いのがネックです。

マットレスポケットコイルは口コミ評価は高いのですが、柔らかいタイプが好きな人に好評のようなので、腰痛持ちの人は要注意です。

高反発「モットン」が断然おすすめ!

(Amazonより引用)

「高反発マットレス モットン」は反発力がとても強く、就寝中の身体をしっかり支えてくれます。

寝返りを自然に打てるので、筋肉のこわばりや血液の滞留を防ぎ、起きたときには身体がスッキリ!爽やかな目覚めをもたらします。

腰痛が気になる人にもぜひ試してもらいたいマットレスです。
反発しないタイプのマットレスを使ってきた人は、最初は高反発の感覚に戸惑うかもしれません。

しかし、使っているうちに身体になじんでくるので心配はご無用です。

>>公式サイトはこちら

快眠のコツはマットレス選びにあり!

睡眠の質を上げるために寝具選びは大切ですが、身体を支えるマットレスはとても重要な要素の1つ!

身体に合ったマットレスなら眠りにつきやすく、疲れが取れやすいので朝から元気に活動できますね。

おすすめとしてご紹介した5つのマットレスの中で、気になる商品をぜひチェックしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*