本当にコスパの良いマットレスが見つかる!選び方とおすすめ最新TOP5

高級なものに目を向けるときりがありませんが、マットレスはコスパで選べば充実の毎日を送るだけの満足を味わうことが […]

高級なものに目を向けるときりがありませんが、マットレスはコスパで選べば充実の毎日を送るだけの満足を味わうことができます。どんなものを選べば「これはコスパがいい」と言えるのでしょうか?意外と知られていないチェックポイントを含めて、どんな素材がいいのか、どんなお店で買えばいいのか、ニトリでいいのか無印良品がいいのかなど、下準備として知っておくべきことがたくさんあります。口コミ情報や2chのコメントも参考にできますが、大切なのは自分で理解して納得の上で決めることです。そのために用意された内容を見ていきましょう。

コスパの良い快眠マットレスを調査!

極端な節約志向ではないけれど、コスパにはこだわりたい。そんな人が増えています。

コスパに優れた商品を買うことで経済的メリットが大きいですし、本当に満足してその商品を使い続けることができます。

マットレスを買い替えたいときも、やはりコスパにこだわりたくなるものです。今回の記事では次のような点を取り上げます。

  • コスパの良いマットレスの条件
  • コスパ最強のマットレスTOP5
  • 素材による寝心地の違いについて
  • 腰痛には腰痛対策マットレスを

ただ値札と外観で決めてしまうのではなく、ほんとうにコスパが良いかどうか判断して選ぶために大切な情報ばかりです。さっそく見ていきましょう!

コスパが良いマットレスの選び方

いったいどんなマットレスなら「コスパがいい」と言えるのでしょうか?

頻繁に購入することで経験を通してコスパを実感する商品ではないだけに、次の3点をチェックして選ぶことが欠かせません。

  • 機能の高さ
  • 品質と価格のバランス
  • 返品や保証について

機能性の高さをチェック

ただ寝るための、なければ困るがあればいいという位置づけでマットレスを選ぶとしたら、とにかく最安値のマットレスを選べば「お得だ」となります。

しかし実際は「安いもの=コスパが優れている」とは言えません。

単なるマットとしてではなく、快眠を実現するための工夫が施されているか、またそれは自分の体に合ったものかといった点が関係していて、機能性はマットレス選びで重要なポイントになってきます。

間違っても値札だけに目を向けることがないようにしましょう。

品質と価格のバランスを見る

品質の良さを追求していくと、どうしても高価格帯のマットレスになってしまいます。

一般的に10万円以上するものは高級マットレスと呼ばれていて、なかには「高級マットレス以外では快眠は手に入らない」と言い切るメディアもあります。

しかし、値段が高くても良いとは限らず、大切なのは品質に見合った価格になっているかどうかです。「この品質なら私はこれだけの金額を出しても良い」と思えるかどうかが重要です。

一般的に値段が安すぎるものはへたりやすく、寝心地も損ないやすいと言えますが、だからといって安いからコスパが悪いというわけではなく、品質がかなり悪いのにお金を出して買って使い続けるだけの意味があるかどうかで考えてみましょう。

返品や保証制度があるか

販売価格を見るだけではなく、そこにどんな保証が付いているかもコスパと関係があります。

もし○○日返金保証となっていれば、実際に寝てみて「これは絶対に自分には合っていない」と思えるなら、我慢して使い続けることなく返品することができます。返品制度がある商品なら失敗せずに済みます。

さらに、保証制度があれば品質にトラブルがあっても泣き寝入りにならずに済みます。アフターサービスがしっかりしていればお金を無駄にする心配が少ないと言えるので、この項目は要チェックです。

大幅な値引きがされている代わりに保証類が一切ない商品を手にするよりは、多少高く感じても保証がしっかりしているほうが安全です。

コスパ最強ランキングTOP5

ただ「コスパのいいマットレスを選べ!」と言われても、具体的にイメージしにくいはずです。

そこで、ここではコスパ最強ランキングと名付けて5商品を取り上げます。

  1. 高反発マットレスモットン
  2. 13層やすらぎマットレス
  3. タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス
  4. マットレス ポケットコイル
  5. 39Design

1位:高反発マットレスモットン

(公式サイトより引用)

商品の特徴やポイント

  • 自然な寝返りが打てるだけの反発力
  • 腰への負担を減らすために体圧分散にこだわっている
  • 通気性と耐久性が高く、長く使えるマットレス
  • 自分の体重や好みに合わせて硬さを選べる
価格 39,800円(シングルサイズ)
保証やアフターサービス 返金保証(90日)、修理保証付き

寝心地だけではなく、寝ているときの腰の負担や寝返りサポートを視野に入れて開発されたマットレスで、アスリートにも使用されています。

マットレスとしての性能はもちろんのこと、衛生的に長く使えるのでコスパに優れた商品です。

口コミ

Googleのランキングを見て、購入しました。ランキング通りの商品です。ぐっすり休めます。(30代男性)

引用:楽天

腰痛が悪化した。

引用:Amazon

口コミの評判や種々のランキングで気になって購入する人が多いようですね。ほとんどはぐっすり眠れるなど良い睡眠を手に入れていますが。もともと腰に不調を抱えていると、マットレスだけで痛みがなくなるとはいかないときもありますね。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

2位:13層やすらぎマットレス

(公式サイトより引用)

商品の特徴やポイント

  • 27cmの厚さで贅沢な眠りへと誘われる
  • 高反発のコイルで体圧を分散しながら腰を楽にする
  • 体圧を横に逃がすための素材としてウレタンを使用
  • 強度があるので横揺れによる不快感が少ない
価格 98,000円(シングルサイズ)
保証やアフターサービス 60日間返金保証

極上の持ち上げ感によって雲の上にいるようなフワフワとした寝心地と共に、腰が深く沈み込んでしまうことによる腰痛を防ぐ反発力がある、なんとも不思議な13層のマットレスです。

口コミ

一晩で違いが分かりました!全身リラックスして寝ることができました。

引用:楽天

思ってた以上に大きくて厚みがあり圧迫感が凄い

引用:Yahoo!ショッピング

どれだけ科学的に計算されていても、寝心地が良くなければ「いいマットレスを買った」とは思えないものです。このマットレスなら「気持ちがいい」「寝るのが楽しみ!」となりそうですね。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

3位:タンスのゲン 高密度ポケットコイルマットレス

(楽天より引用)

商品の特徴やポイント

  • 高品質のポケットコイル採用で体への負担を少なくしている
  • 理想の背骨のS字をキープする構造
  • 薄いと感じることがない厚さ18cmマットレス
  • マットレス内に湿気を溜め込みにくい設計
価格 6,463円(シングルサイズ)
保証やアフターサービス 送料無料

この厚さ、この寝心地でこの値段なら納得と感じる人が多い、タンスのゲンの自信作です。

値段を見てしまうと心配になる人も、ポケットコイルの丁寧な配列と通気性を確認すれば納得せずにはいられません。

口コミ

手の平で触った感じがコイルのゴツゴツ感が非常に強かったです。

引用:楽天

この値段の安さにしては、以前使っていた5万円のマットレスと比べてもそんなに大きな差が無くて驚いています。

引用:Amazon

コイルマットレスの感覚に慣れていないと、最初はビックリすることもあるようですね。たしかに多くの人がコスパがいいと感じているのがわかるほど、造りも寝心地もしっかりしていますね。

>>詳細はこちら

>>楽天から購入する

4位:マットレス ポケットコイル

(楽天より引用)

商品の特徴やポイント

  • 床に付いている感覚のない厚さ18cmのマットレス
  • コイルが独立して配列されているので、横になっても体にフィットする
  • コイルの間に隙間があるので通気性を確保できる
  • 表面はふんわりして気持ちがいいキルティング仕上げ
価格 5,990円(シングルサイズ)
保証やアフターサービス 1年間保証

ポケットコイルを並列に配置しているのでコイル同士の接触を防ぎ、柔軟な動きに対応できるマットレスになっています。横向きに寝る人、寝返りをたくさん打つ人に向いています。

口コミ

この価格で購入できでお値段以上です。寝心地は沈ますコイル痛さもなく快適です。(40代男性)

引用:楽天

マットレスの上を歩くと柔らかくて、思ってたより・・・(30代女性)

引用:楽天

寝るために設計されたマットレスなので、歩くときの感覚は違ったものになりますね。良いものを安く買えたと感じている人が圧倒的に多い印象です。

>>詳細はこちら

>>楽天から購入する

5位:39Design

(公式サイトより引用)

商品の特徴やポイント

  • 人肌のように感じる仕上がりのマットレス
  • ベッドにも布団にもマッチする構造
  • 頭と背中とお尻にちょうどよく圧力が分散される
  • 耐久性と通気性をアップさせるメッシュ加工
価格 32,000円(シングルサイズ)
保証やアフターサービス 90日間返品保証、1年保証付き

上質のマットレスを長く使いたい人にとって、シングルサイズで30,000円と少し出せば買えてしまうこの機能的なマットレスはコスパがいいと判断できます。

デザイン的にも優れているので、自慢したくなるマットレスです。

口コミ

腰の負担の軽減はもちろん朝起きた時の肩の痛みも軽減されました。

引用:楽天

宅配ボックスに入らない大きさでした。

引用:楽天

腰や肩の痛みが軽減したという内容の口コミが多いのが特徴です。この場合のコスパがいいとは、本当に結果の出る商品をリーズナブルな価格で手に入れることを意味しているわけですね。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

寝心地はどう違う?ベッドコイル比較

同じスプリング系のマットレスでも、どんなコイルを使っているかで寝心地が変わってきます。コイルを使っていないマットレスには、それぞれの寝心地があります。

ここでベッドコイルを比較してみましょう。

ボンネルコイル

構造

ボンネルコイルは全体がつながっているため、面で支える構造になっています。

コイルが不織布で包まれているわけではなく、通気性に優れています。

寝心地の特徴

一般的にボンネルコイルの寝心地は硬めです。

安いマットレスを買うと詰め物が少ないので、余計に「ゴツゴツ」した印象を受けます。

面で支えるので、体の一部分が深く沈み込むことはありません。

価格の目安

比較的安価で買えるものから高級品まで、販売価格には幅があります。

どんな人に向いているか

硬めのマットレスが好みの人や、腰痛持ちの人に向いています。

湿気が気になる環境での使用にも適しています。

ポケットコイル

構造

点で支える構造。1つずつコイルが独立しています。

寝心地の特徴

面で支えるマットレスよりも横になったときの体へのフィット感が高くなっています。

しかし、安すぎる低品質のものを購入すると腰が沈み込んでしまって腰痛の原因になります。

価格の目安

低価格のものから高価格帯まで幅があります。

どんな人に向いているか

包み込んでくれるような寝心地が好きな人や、夫婦での使用のため互いの寝返りの振動が伝わるのを避けたい人に向いています。

ノンコイル低反発

構造

コイルを使っていないタイプで、ウレタンなどを素材にしています。

用途や場所に応じて三つ折りタイプなどさまざまな種類があります。

寝心地の特徴

バネによって持ち上げられるような感覚がなく、体重を乗せるとジワっと体が沈み込んでいきます。

価格の目安

素材や素材の使い方によって価格に大きな開きがあります。

どんな人に向いているか

沈み込む感覚が好きな人や、コイルがむき出しになったりへたったりするのを恐れる人に向いています。

新開発の特殊ウレタンなど、新しいものに興味がある人にも向いています。

ノンコイル高反発

構造

コイルを使っていないマットレスで、ファイバー素材などを使用し、グッと持ち上げるような反発力がある構造です。

寝心地の特徴

硬めの印象で、体重を乗せても体が沈み込むことがありません。寝返りをスムーズに打つためにはちょうどいい硬さです。

価格の目安

使用する素材やメーカーによって価格に違いがあります。

どんな人に向いているか

沈み込むことによる寝姿勢の悪さから腰痛を経験している人や、朝起きるときに首や肩の痛みに悩まされている人に向いています。

腰痛になりにくいマットレスの選び方

腰痛になってしまうと人生のコスパがかなり悪くなってしまいます。そんな事態を避けるために、腰痛持ちの人や腰痛を予防したい人は、そのためのマットレス選びをしましょう。

注目すべき点は3つです。

  • 体圧分散に優れているか
  • 厚みがあるか
  • 腰痛対策ができるマットレスか

体圧分散

体圧分散とは、体にかかる圧力を分散することによってどこか一か所に負担が借ることを避けることです。

体圧分散がされないと、仰向けで寝るときにはお尻やかかと、横向きになると腰や肩に圧力が集中してしまいます。結果として腰を痛めてしまいます。

また体圧分散されずに寝姿勢が悪く体が沈み込むことで寝返りが少なくなって、血行不良による腰痛も考えられます。

体圧分散に優れているのは面で支えるボンネルコイルマットレスやノンコイルでいえば高反発タイプのマットレスになります。

厚み

腰痛には硬めの寝心地がいいという理解から、薄いマットレスを買ったほうがいいと考えてしまうことがないようにしましょう。薄すぎるマットレスは腰痛に良くありません。

薄いマットレスでは腰に直接負担がかかってしまいますし、体圧が分散できずに反り腰になってしまって腰の状態が悪化する可能性が高くなります。

一概に何センチ以上がいいとは言えず、ポイントは「腰を上手にサポートできるだけの厚みと構造かどうか」になります。

腰痛向けマットレス

腰痛をメインに考えるなら、最初から腰痛のことを考えて作られたマットレスに焦点を当てて探すことをおすすめします。

腰痛向けマットレスの中には、医師や整体師と共同で開発されたものや、腰痛に悩む人をモニターにして声を聞きながら造られていったものがあります。

ベッドはフレーム+マットレスで完成

快適な睡眠はマットレス選びが大きなポイントになりますが、寝具として総合的に考えるとフレーム選びも大切です。

ベッドフレームは必須

ある程度の厚みがあって体圧分散できるマットレスなら、「このまま置くだけでいいのでは?」と思いたくなるかもしれませんが、ベッドフレームは必須です。

マットレスを床に直置きしてしまうと湿気がこもってしまい、カビの発生やダニの繁殖の原因になってしまいます。

カビやダニに囲まれた環境では快適な睡眠は不可能ですし、マットレスやフローリング、畳をダメにしてしまいます。

とにかくマットレスにこだわる

フレームは必須とはいえ、逆にフレームを選んでからマットレスを選ぶことがないようにします。

フレームとマットレスでは、マットレス選びの方が重要です。たとえお気に入りのベッドフレームがあっても、まずはマットレスにこだわって、そのあとでしっかりはまるフレームを選びます。

フレーム自体は体の一部分への圧迫や寝返りのしやすさに影響しませんが、マットレスは直接影響するからです。

ベッドフレームを選ぶときのチェックポイント

  1. マットレスとサイズが合っているか
  2. 素材や機能性
  3. 部屋に運び込めるか

実店舗有り人気メーカー特徴比較

いろいろ考えたけれど、やっぱりマットレスは実物を見て選びたい!

そんな人も少なくありません。だからといって高級メーカーのショールームに行く必要はなく、コスパがいいと評判の家具寝具を扱っているお店が全国展開されていますので利用しない手はありません。

そんなお店の中でもとくに人気と知名度が高いニトリ、無印良品、IKEAを比較してみました。

ニトリ

メーカー概要

「お、ねだん以上」で有名になった会社です。住まいの豊かさをテーマに、コスパに優れた製品を次々と世の中に送り出しています。

マットレスの主な特徴

ニトリはじつに様々なタイプのマットレスを扱っています。

  • ボンネルコイルスプリング
  • 連続コイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • 低反発ウレタン
  • ラテックス

低反発ウレタンはクッション性が良く、優しく体をサポートしてくれます。ゴム素材のラテックスは弾力性があって反発するので、寝返りがしやすくなります。

デザインも上質の雰囲気漂うものが多いです。

マットレスの価格帯

安いものは8,000円程度から、高いものは70,000円を超えるものまで幅広いラインナップから選べます。

特典やサービス

ニトリでは、自社製のマットレスに対して30年保証を付けています。これはスプリングの故障や不具合に適用されます。

それ以外の部分の故障や不具合に対しては5年保証が付けられています。

店頭での購入の場合、14日以内であればレシートと一緒に返金に対応してくれます。

また7,000円以上の購入で自宅配送に無料で対応してくれるので、ほとんどのマットレスなら配送料が無料になります。

どんな人に向いているか
コスパ重視の人や、選択肢が多いほうがいい人にはニトリのマットレスが向いています。さらに長期保証があるので安心を重視する人にもおすすめです。

無印良品

メーカー概要

「わけあって、安い」をキャッチフレーズに、良い品質のものを安く提供することにこだわったブランドです。最近ではそのシンプルさがブランドのけん引力として人気になっています。

マットレスの主な特徴

無印良品のマットレスはどれもシンプルなデザインです。

コイルスプリングマットレスがメインですが、寝心地によって選べるようになっています。

  • ポケットコイルスプリング
  • 超高密度ポケットコイルスプリング
  • 天然素材のノンコイルマットレス など

マットレスの価格帯

15,000円程度から購入できますし、クイーンサイズの高いものでは125,000円以上のマットレスも取り揃えています。

特典やサービス(〇日以内なら返品OK、自宅配送無料など)

30日以内の返品には応じてもらえますが、マットレスに対する保証が設定されているわけではないので注意してください。

また、配送料が2,490円かかります。

どんな人に向いているか
インテリアを無印で統一したい人、シンプルなデザインを好む人にとってはコスパがいいと感じるはずです。

脚付きマットレスも人気商品なので、フレームと一緒に購入を考えているなら選択肢に加えることができます。

IKEA

メーカー概要

豊富な品ぞろえを多くの人に提供することを目指している北欧の家具メーカーです。

日本国内での大型店舗運営が特徴です。

マットレスの主な特徴

それぞれの好みに合わせた豊富なラインナップがあります。

  • ウレタンフォーム
  • ラテックス
  • スプリング
  • 脚付き

全体的に落ち着いたデザインが多く、幅広い年齢層に受け入れられる作りになっています。

マットレスの価格帯

12,000円台から60,000円近くまでの幅になりますが、どれも低価格に抑えられています。

特典やサービス(〇日以内なら返品OK、自宅配送無料など)

スプリングに対しては25年保証が付けられています。未使用なら買ってから365日以内の返品を受け付けているのがユニークです。

配送料は無料ではなく、全国一律で数千円程度必要になります。キャンペーンなどで配送料が安くなる時期もあります。

どんな人に向いているか
予算内に収めたいけど保証は必要。そんな人に向いています。

北欧のデザインに好感を持てる人なら満足度が高くなります。

寝心地の良いマットレスで充実の毎日

想像してみてください。ベッドに横になったら自然な眠気がきてそのまま眠り、気づいたら朝になっている。そして活力がみなぎりあふれて起き上がるところを。

寝心地の良いマットレスを選ぶかどうかは、わたしたちの睡眠の質や体のコンディションを大きく左右するといっても言い過ぎではありません。

この機会にマットレスを見直してみませんか?

調べていくとピンからキリまでありますが、今回取り上げたコスパに優れた選び方を実践することで、ほんとうに良いものを上手に選ぶことができるはずです。

充実の毎日の第一歩を、マットレス選びから始めてみましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*