高級マットレスで上質な睡眠と充実の日々を!厳選3品&人気メーカー5社

コスパ重視の人もマットレスは高級品を使っています。なぜならそのほうが上質な睡眠を手に入れることができて、充実し […]

コスパ重視の人もマットレスは高級品を使っています。なぜならそのほうが上質な睡眠を手に入れることができて、充実した毎日を送ることができるからです。でもそれだけではありません。高級ブランドのものを使うことで寿命が長くなり、結局はコスパ的に見ても大きなメリットがあります。ホテルへ納入している実績のあるメーカーのマットレスを選ぶことで、ホテルのような寝心地を自宅で再現できます。しかも毎日です。さっそくマットレスを買い替えたくなってきましたか?慌てて選んで後悔しないためにも、ここで失敗しない選び方を確認しておきましょう!

失敗しない高級マットレスはコレだ!

大きな買い物には絶対に失敗したくない。

とくにこれまで「失敗した」という経験があるなら余計に慎重になるはずです。

上質の眠りを手に入れるためにはマットレスがカギになりますが、ある程度の価格になるため失敗するわけにはいきません。

この記事では、満足と快適を手にする高級マットレス選びにスポットを当てて次のような点を考えていきます。

  • 失敗しないマットレス選びのポイントとは
  • 快眠を約束してくれるマットレスはどれ?
  • 高級メーカー5社の比較
  • 高級マットレスと一般マットレスの違い
  • 購入時の注意点

初めての高級マットレス選びでも確実に成功できるよう、さっそく見ていきましょう!

マットレス選び方4つのポイント

もちろん、良いマットレスを選ぶために市販されている商品すべてを調査して回る必要はありません。上手な選び方のポイントを知って、その基準を満たしている商品の中から選べばいいのです。

最低限チェックしておきたいポイントは4つです。

  • スプリングや硬さ
  • 通気性・衛生面
  • 保証はあるか
  • どのメーカー(ブランド)か

スプリングや硬さ

体を支えるためにスプリングが使われているなら、どんなタイプのものが使われているか、硬さはどのくらいかチェックしておくべきです。その素材や構造がそのまま寝心地に反映されるからです。

スプリングの種類

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル

ボンネルコイルは面で体を支え、ポケットコイルは1つひとつが独立しているので点で体を支える構造になり、それぞれ寝心地が異なります。

マットレスの硬さも重要なポイントです。

硬いマットレスは沈み込みが少ないだけにお尻の部分や腰に痛みを感じることがありますが、寝返りをしやすく、沈み込みによる姿勢の悪さや気道が狭くなることによるいびきを軽減できます。腰痛持ちの人には硬めのマットレスが向いています。

柔らかいマットレスは体を乗せるとグッと沈み込んでいくので快適に感じるのですが、寝ている間は寝返りの妨げとなる可能性があり、朝起きたときに体のだるさや痛みを経験することがあります。

体を動かすのがつらい人は、柔らかめのマットレスのほうが快適に感じられます。

通気性や衛生面

新品を購入するときにはどの商品も綺麗に見えて清潔なのですが、使っていくうちに通気性や衛生面で不満が出ることがあるので注意してください。

通気性は、とくに汗を書きやすい夏場や湿気の多い時期などに、いつも快適な状態をキープできるか、それともじわっと湿った状態になってベッドフレームやフローリングにカビが生えたりダニが繁殖したりするかの分かれ道となります。

睡眠の快適性にも直結します。

通気性を重視するなら、もともと通気性の良い素材を選ぶのもいいですし、通気性アップを目指して開発された商品をピックアップするのもよいでしょう。

通気性の良い素材

  • ファイバー素材
  • ボンネル・ポケットコイル
  • 特殊なウレタン素材

衛生面では、マットレスを立てかけて乾燥させるなどメンテナンスがしやすいことも見極めポイントの1つです。

マットレスによっては両面使える構造になっているものがあり、季節な週ごとにローテーションすることで衛生的に使用できます。

保証の有無

マットレスにも保証が必要です。電化製品のような故障は想像しにくいと思いますが、マットレスの場合は変形したり弾性が失われたり(へたり)する可能性があります。

とくにマットレスの高級なものを買う場合、ある程度の投資になりますので保証があると安心です。

とはいっても、1年や2年保証もあれば、15年保証など長期のものもあります。一概には言えませんが、高級なものほど保証期間が長く設定されています。

念のため、「どの範囲を保証してくれるのか」をしっかり確認してください。

メーカーやブランド

はじめてマットレスを真剣に選ぶときはとくに、どのメーカーがいいのか全然わからないはずです。

「できれば信頼できる会社のものがいい」という考えは間違っていないので、迷うときには有名な高級メーカーのマットレスを選んでおくと安心です。失敗が少ないからです。

快眠を叶える高級マットレス厳選3品

今回は、毎日の快眠を実現する高級マットレスを厳選して3品取り上げます。

  1. 13層やすらぎマットレス
  2. サータ ポスチャーノーマル
  3. シモンズ ゴールデンバリュー シングル

1位:13層やすらぎマットレス

(公式サイトより引用)

商品のポイント

  • 点で体を支えてくれる13層になった高反発コイルで快眠支援
  • 寝返りを自然にできるような構造
  • 耐久性の高いスプリングの採用で長く使える
商品名 13層やすらぎマットレス
価格 98,000円(シングルサイズ)

信頼できる日本製にこだわり、60日間の返金保証が付いていますので、寝心地を自分で確かめてから納得して使い続けることができます。

上手な体圧分散による眠りの快適さを味わったら、もう離れられなくなります。

口コミ

こんなによいマットレスには初めて出会いました。まさに高級ホテルのベッドの寝心地。最高です!

引用:Yahoo!ショッピング

マットレスが短期にへたらないか様子見です。

引用:Yahoo!ショッピング

これまで安いマットレスを使っていた経験があると、これだけのお金を出してすぐにへ足ってしまったら困ると心配になる気持ちはわかります。でも良いものは最初から、そして長く快適な寝心地を味わえるものですね。

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

2位:サータ ポスチャーノーマル

(公式サイトより引用)

商品のポイント

  • ポケットコイルのハードな寝心地で長持ちする品質
  • 独自のキルティングパターンで体をうまく包み込む
  • 高品質なだけではなく、ファイヤーブロッカーなど安全面でもバッチリ
商品名 サータ ポスチャーノーマル
価格 111,700円(シングルサイズ)

長く快適に使えるマットレスを意識したコイルの配列と表面素材の工夫が特徴的です。

アメリカの一流ホテルが採用するほどのバランスの良さが市場でも評価されています。

口コミ

触ってみると想像以上にかたいので驚きました。(30代女性)

引用:楽天

これに換えてから、足腰の痛みも解消されました。やはりマットレスは重要なんだと感じました。

引用:楽天

最初に触ってみる感覚、初日に横になって朝起きたときの感覚は、これまでのマットレスの感覚と比較するとビックリすることがあるようですね。でもその結果は身体の調子で確認することができますから納得ですね。

>>詳細はこちら

>>楽天から購入する

3位:シモンズ ゴールデンバリュー シングル

(Amazonより引用)

商品のポイント

  • 厚さ23.5cmの安定感があるクッションで快適な眠りを実現
  • 振動や横揺れによる不快感をなくしたポケットコイルを採用
  • コイルの接着成分など細部にもこだわったモノづくり
商品名 シモンズ ゴールデンバリュー シングル
価格 86,400円

ホテルで味わった快適な眠りを、毎日自宅でも再現できるのがシモンズのマットレスです。

体を点で支えてくれるので、何度も寝返りを打っても揺れが気になって目覚める心配がありません。

口コミ

寝心地が良すぎて朝起きられなくなってしまいました。

引用:楽天

睡眠アプリで計ったところ熟睡度もグンと深くなっていました。結果、腰痛も解消し快適です。

引用:Amazon

気持ちが良くて朝が起きられないというのは何とも贅沢な悩みです。熟睡度がアップしているなど、体感だけではなくデータでも違いがわかるとマットレスを変えることの高い効果を実感できますね。

>>詳細はこちら

>>Amazonから購入する

人気高級マットレスメーカー5社

失敗しない選び方、長く快適に使える寝具にこだわるなら、やはりマットレスは高級メーカーのものに限ります。

ここからの部分で、とくに人気と実績のある高級マットレスメーカーを5社ピックアップします。迷うときにはこの中から選ぶとよいです。

  • シモンズ
  • シーリー
  • サータ
  • 日本ベッド
  • フランスベッド

シモンズ

シモンズは、1870年にアメリカで誕生したベッドメーカーです。

価格相場

  • セミダブルマットレス 69,800円
  • プレミアムマットレス(ダブル) 159,800円 など

メーカーとしての実績

  • 創業からの歴史があり、国内外の高級ホテルで採用されている
  • 指名買い、シモンズからシモンズへの買い替えが多い

マットレスの特徴

  • ポケットコイルマットレスにこだわって、独自のノウハウを蓄積している
  • 最新の睡眠科学を取り入れた商品開発
  • 解体分別が容易なスプリング構造を導入し、環境への責任を果たしている

全体として、やや硬めな寝心地で、朝の目覚めを快適にするちょうどよい睡眠をサポートしてくれます。

シーリー

アメリカのベッド業界を常にけん引してきたのがシーリーです。

価格相場

  • モノグラムシングルマットレス 48,000円
  • ロンドⅢ 237,600円 など

メーカーとしての実績

  • 業界初の整形外科医との共同開発を行なうなどリードしてきた
  • 世界30か国以上で愛されているグローバルブランド

マットレスの特徴

  • 体の部位に合わせて素材を配置する細やかな設計
  • 医学的に見た体圧分散の効果をマットレスに反映
  • コイルにチタンを加えることで耐久性が大幅にアップ

サータ

日本では、ドリームベッド株式会社がライセンス契約を結んで国内生産しています。

価格相場

  • スタンダードタイプ シングル 56,000円
  • パーフェクトスリーパー 400,140円 など

メーカーとしての実績

  • 世界27か国で約60社とライセンス契約を結んで幅広く展開
  • ホテルへの納入件数は全米で1位

マットレスの特徴

  • 太さの異なるポケットコイルを使って体圧分散を上手に行なう
  • 横向きでも快適に眠れるような設計
  • 日本の気候に合わせた蒸れにくい構造

日本ベッド

大正時代創業の、日本では歴史のある老舗です。

価格相場

  • ベーシックタイプ シングル 86,400円
  • シルキーポケットレギュラー シングル 189,000円 など

メーカーとしての実績

  • 日本各地にショールームを開設
  • 帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニへの納入実績あり

マットレスの特徴

  • 従来のコイルの数を上回る高密度ポケットコイル
  • オールシーズンを快適に乗り切るための抗菌・防臭加工
  • 日本の風土を徹底的に研究した日本メーカーならではのマットレス

フランスベッド

戦後に創業し、高度成長期を経て日本の発展と共に成長してきたのがフランスベッドです。

価格相場

  • シングルマットレス 55,000円
  • 超薄型シングルマットレス 17,400円 など

メーカーとしての実績

  • 日本のホテルの客室納入実績No.1
  • 家庭用だけではなく、在宅介護や医療の現場でも高い評価を得ている

マットレスの特徴

  • 高温多湿の日本に合わせてコイルを包まずに通気性を確保
  • 日本のJIS規格よりさらに細かくて厳しい自社規格を定めて製造
  • 海外ブランドのマットレスより手が届きやすい価格設定

高級マットレスと一般の違いとは?

同じマットレスでも、高級マットレスと一般のものではどこがどのように違うのでしょうか?4つの視点で比較してみましょう。

スプリングの違い

マットレスの場合、外見では高級のものも一般のものをそれほど見分けがつかないこともあるのですが、その中身には大きな違いがあります。

スプリング(中身)の種類

  • ボンネルコイルスプリング
  • ポケットコイルスプリング
  • 高密度連続スプリング

ボンネルコイルはコイル同士が連動しているので、体を乗せると全体が沈み、やや硬めの印象を受けます。それに対してポケットコイルはそれぞれが独立しているので、圧力がかかる部分は沈み、そうではない部分との差が生まれます。点で支えるイメージです。

高密度連続スプリングはフランスベッドのお家芸ですが、ボンネルコイルをさらに細かく織り込んだような形状で、体重をより繊細に受け止めて支えるイメージです。

安いマットレスの場合、「なんとなく」の寝心地を保っていればそれでいいので、詰め物としてウレタンや綿、フェルトや不織布などが使われていることがあります。

耐久性

耐久性の面でも、高級マットレスと安いマットレスには違いがあります。

マットレスの耐久性は、使用している素材によって大きく変わってきますが、同じスプリングを使っていてもやはり差が出てきます。

一見するとお得に感じるマットレスも、「品質表示」タグを見ると、へたりやすいかどうかわかります。

品質表示タグからわかる情報

  1. 線材の種類
  2. 炭素の含有量(数字が高いほど硬度がある)
  3. マンガンの含有量(多いほど耐久性が高い)
  4. 線材の引張強度

安いマットレスは数年でかなりへたってしまい、寝心地に大きな影響が出ることもありますが、高級なものは20年以上は余裕で使えるように設計されています。

通気性

通気性は、採用する素材の影響を受けやすいのですが、それ以外にも高級マットレスと安いマットレスによる違いが表れやすい分野でもあります。

湿気によるカビやダニの繁殖を防いで衛生的に使うためにも、快適な眠りを妨げないためにも、そして長く使うためにも通気性の良さは重要なポイントです。

一言でいえば、高級マットレスは最新の技術を含めて通気性にも徹底的なこだわりを持って開発されています。一方で安いマットレスは価格重視なのでそのまでの余力はありません。

値段の違い

当然ながら、高級マットレスは高価、安いマットレスは安価です。

品質を備えた高級マットレスは10万円以上しますが、安いマットレスは1万円を切ることがあります。

マットレス選びは完全に二極化しています。安さにこだわって寝具を選ぶ人のニーズを満たす商品と、人生の3分の1を過ごす場所、質の良い生活を作る源となる場所にはしっかりお金をかけたい人のニーズを満たす商品の二極化です。

高いからコスパが悪い、儲けているメーカーだ……などと考える根拠はまったくありません。

失敗しないマットレス購入のポイント

マットレスは高級なものにしよう。そんなふうに心が決まったとしても、「高級なものを買えば成功する」わけではありません。

ここで失敗しないために意識したいポイントを見ておきましょう。

実際に寝心地を確かめる

どんなマットレスでも、実際に寝心地を確かめるようにしてください。

「高級だから大丈夫」とか「口コミの評価を見るかぎり良さそう」とは思わずに、自分に合ったマットレスであることを確認してください。

寝心地を確かめる方法は2つあります。

  • 店頭で寝心地を確かめる
  • 返金保証のあるものから選ぶ

ショールームや寝具販売店に現物モデルがあるなら、実際に寝てみるとよいでしょう。そうではなくても、お試しのために返金保証を付けているマットレスなら、実際に寝てみて判断することができます。
失敗した……と思いながら我慢して寝続けることがないように、しっかりと寝心地をチェックしてください。

ベッドフレームを用意する

どれだけ高級なマットレスでも、床に直接おいてしまうと通気性が悪くなってしまいます。

毎日マットレスを立てかけるくらいのつもりなら別ですが、そのままにしておくとカビが生えやすくなります。

そこで、マットレスとフレームを一緒に使うことをおすすめします。

フレームの素材を湿気のこもりにくいものにすれば、マットレスの通気性を保つことができて快適に使用できます。

注意点として、マットレスとフレームを別々に買う場合は「シングル」「ダブル」という表記だけで決めてしまうのではなく、サイズがフィットすることを寸法で確認してください。

自宅の間取りに合っているか確認

マットレスが単体で素晴らしくても、自宅の間取りに合っていなければストレスの元になってしまいます。

たとえば、購入したもののサイズが大きくて自宅の玄関を通らないなどの搬入トラブル、思った以上に寝室のスペースを取ってしまってビックリなどが考えられます。

購入する前に一歩立ち止まって、そのマットレスが家に届いて設置される姿をシミュレーションするようにしてください。

マットレスで高級ホテルの快適さに

高級ホテルで眠った次の日の感覚が忘れられない……あんな爽やかな目覚めをもう一度体験したい……

そう思ってわざわざ高級ホテルを予約しなくても、自宅に高級マットレスを置いてしまえば毎日がホテルの快適さそのものになります。

お金を使うべきところには使ったほうがいいことに多くの人は納得しているはずですが、なぜか寝具となると「ついつい安いほうに」となってしまうことがあるようです。

マットレスについて言えば、高級品は贅沢品ではありません。睡眠の質、そして生活の質を高めてくれる便利アイテムなのです。

さっそくマットレスの買い替えで快適な生活を手に入れてみませんか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*